忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・董昭  魏国一の能弁家



董昭(とうしょう)字は公仁(こうじん)
済陰定陶の人(156~236)

~経歴~
魏のご意見番。

若い頃は袁紹に仕える。公孫瓚(こうそんさん)との戦いのとき、袁紹の配下は多くが裏切りを考えていた。
対策を聞かれた董昭は「一人の力で大勢の企みを消すことはできません。まずは彼らの謀議に加わり、情報を集め、それから策を考えます」
董昭は謀叛の相談に加わり信用を得て情報をつかむと、首謀者を袁紹の命令と偽って処刑し、謀叛を収めてしまった。
余談だがその後、弟が袁紹の仇敵に仕えていたことで、董昭はあらぬ疑いをかけられて出奔したのは、いかにも袁紹らしい逸話である。

後に曹操に仕えると、彼はことあるごとに得意の長広舌をふるい、魏の躍進を助けた。
その弁論は正史にも多く記録され、一端がうかがい知れる。

ちなみに昇進を嫌う曹操を説得し、魏公そして魏王へと即かせたのも、董昭である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R