忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・程昱  ダーティーノッポさん


 
程昱(ていいく)字は仲徳(ちゅうとく)
東郡東阿の人(141~220)

魏の軍師。
はじめは程立(ていりつ)と名乗る。八尺三寸(191cm)の長身で立派な髭を蓄えていた。

若い頃、故郷で黄巾の乱に便乗し県丞の王度(おうど)が反乱を起こすと、県令は逃亡し官吏は民とともに山に避難した。
程立はつぶさに王度の様子を観察すると、城を制圧できず外に駐屯していることがわかったため、付近の豪族の薛房(せつぼう)に協力を求め、計画に反対する官吏を騙して城に誘導すると、逃亡していた県令を探し出し、戦力を揃えて王度を撃退することに成功した。

袁紹と公孫瓚(こうそんさん)が対立した時、州刺史の劉岱(りゅうたい)はどちらに付くべきか迷い、程立を招き去就を相談した。
程立が勧めた袁紹が予測通りに勝利したため、喜んだ劉岱は程立を登用しようとしたが、仮病で断った。
その後、劉岱が戦死し、曹操が後任の州刺史となると、程立は招きに応じて曹操に仕えた。
郷里の人々はなぜ今度は応じたのかといぶかしんだが、程立は笑って答えなかった。
間もなく曹操の信頼を受け、若い頃から繰り返し太陽を両手に掲げる夢を見るという話をすると、曹操はそれを奇縁に思い、日を名の立の上に加え程昱と名乗らせた。
強情な性格でたびたび他人と衝突したため、謀叛を企んでいると讒言されることもあったが、曹操は全く取り合わなかったという。

194年、曹操が徐州に遠征した時、ともに留守を任されていた張邈(ちょうばく)と陳宮(ちんきゅう)が、呂布を招き入れて反乱した。
兗州のほとんどが反乱に加わったが、程昱や荀彧(じゅんいく)の守る三郡だけがそれに同調しなかった。
二人はわずかな兵で巧みに呂布軍を撃退し、曹操が帰還するまで三郡を守り抜いた。

献帝(けんてい)が董卓残党から逃れ洛陽に逃亡すると、程昱は荀彧とともにそれを迎え入れるよう進言し、曹操もそれを容れた。
呂布に徐州を追われた劉備が身を寄せてくると、程昱と郭嘉はそれを警戒し劉備を殺すよう進言したが、今度は曹操は聞き入れなかった。
呂布の討伐後に曹操が劉備を徐州に戻そうとした時も反対したが、はたして劉備は反乱した。

袁紹との対決が始まると、前線の城を700の寡兵で守っていた程昱のもとに袁紹の大軍が接近した。
曹操は援軍を送ろうとしたが、程昱は寡兵ならばかえって見逃されるだろうと考え、援軍を断った。読み通りに袁紹軍は程昱を無視して通過していった。曹操は「程昱の度胸は古の名将をもしのぐ」と感嘆した。
程昱はその後、戦乱を避けて隠れ住んでいた人々を集め兵を揃えると、袁紹軍の撃破に貢献した。

211年、曹操が関中の馬超の討伐に向かうと、程昱は曹丕とともに都を守った。
田銀(でんぎん)らが留守を狙い反乱を起こしたが、すぐさま鎮圧され、降伏した反乱軍の処遇をめぐり意見が分かれた。
旧例通りに包囲後の降伏は許さず処刑するべきという意見が大勢を占めたが、程昱は「戦乱の時代は厳しい姿勢を示して恐れさせ、包囲するまでもなく降伏させるのが目的でした。しかし天下も半ば平定された今、降伏を許さずに恐れさせる相手もいません。処刑をするにしても殿(曹操)の判断を仰ぐべきでしょう」と反対した。
諸臣は「軍事上の問題は判断を仰がずに専断できる」と否定し議論はこじれ、曹丕は程昱を一人呼び寄せると詳しい話を求めた。
程昱は「反乱はすでに鎮圧され、事態が急変する恐れはなく、専断するまでもありません」と答え、もっともだと思った曹丕は曹操に判断を仰いだ。
曹操も降伏を承諾し、帰還後には「程昱は軍略に明るいだけではなく、私と曹丕の父子の仲がこじれることも未然に防いでくれた」と賞賛した。
さらにかつての張邈や呂布の反乱の際の働きも改めて評価し「程昱がいなければ今の私もなかった」と言うと、一族の者はそれを喜び大宴会を催した。
だがその席上、程昱は「満足することをわきまえていれば恥辱を受けることはない」と老子の言葉を挙げ、兵権を返上し突如として引退した。

その後、戦場は離れたが衛尉として復職したが、刑貞(けいてい)と衝突し免官となるなど強情な性格は変わらなかった。
曹丕の代になると再び衛尉に戻され、さらに三公に昇進しかけたが、その寸前に80歳で没した。

「演義」でも官渡の戦いで「十面埋伏の計」を献策するなど曹操の軍師として活躍する。
一方で劉備軍についた徐庶(じょしょ)を引き抜くため、彼の母親を人質に取ったり、赤壁の戦いで関羽の伏兵に出くわした時、情に訴えて命乞いするなど、人情を逆手に取ったダーティーな策謀を凝らすキャラ付けがされている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R