忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・曹休  曹家の御曹司



曹休(そうきゅう)字は文烈(ぶんれつ)
呉郡の人(?~228)

~経歴~
曹一族。ただし曹操と血のつながりはない。
若くして父を失い曹操を頼る。曹操は曹休を一目見るなり気に入り「この子は我が家の駿馬だ」とたたえ、数々の戦に従軍させた。
曹純が死ぬとその軍を預けられ、曹洪のもとで活躍する。しかし若くして成功しただけに自尊心は高かった。
曹丕に従い呉と戦ったときのこと。戦況が膠着し、魏と呉は和睦を結んだ。だがその最中、呉の船団が暴風雨に見舞われると曹休は奇襲をかけ、さんざんに打ち破ってしまう。和睦中に攻撃をかけられた孫権は激怒し、逆襲して今度は魏軍を撃破した。

呉の周魴(しゅうほう)の内通を得た曹休は、その報復に乗り出す。副将の賈逵は内通を疑うが、賈逵と犬猿の仲だった曹休は意見を退けて出陣。賈逵の予想通りに周魴の内通は呉の策略で、曹休は大敗し、危ういところを賈逵に救われた。
しかし曹休は反省するどころか、救援が遅いと賈逵を逆恨みしたという。
敗戦の失意か傍若無人な振る舞いに天が怒ったか、間もなく曹休は背中に悪性の腫瘍を発し病死した。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R