忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・劉曄  策謀の貴公子



劉曄(りゅうよう)字は子揚(しよう)
淮南郡成悳県の人(?~?)

魏の軍師。
7歳の時に母が亡くなった。母は臨終に際し「父の側近に家を滅ぼす者がいる。成人したら殺してくれ」と言い遺した。
13歳になると、劉曄は「いまこそ母の遺言を実行しましょう」と兄に言ったが、兄はおじけてうなずかない。
そこで劉曄は単身で側近を斬り捨て、人物評価の大家である許劭(きょしょう)に「冷静沈着にして豪胆」と評価された。

揚州に大きな勢力を持つ鄭宝(ていほう)は、劉曄の家柄と名声を利用し、反乱の首謀者として祭り上げようとした。
だが劉曄は親友の魯粛(ろしゅく)から鄭宝の危険性を忠告されていたため、内心を隠して彼を招き酒宴を開くと、その席上で鄭宝を殺し軍勢を奪った。
廬江太守の劉勲(りゅうくん)に兵を譲りその補佐を務めたが、劉曄の進言を無視したため孫策に大敗し、その後は揚州に進出してきた曹操に仕えるようになった。

劉曄は才知で知られる4人の人物とともに曹操の側に仕えた。他の4人は自分を売り込もうと、昼夜を問わず曹操と議論を交わしたが、劉曄だけは横になったまま、一言もしゃべろうとせず、せっかくの好機を生かそうともしない劉曄は4人にあざ笑われた。
しかし後日、曹操と二人きりになったとき、劉曄は初めて口を開き、曹操の心を大きく動かす議論の限りを尽くした。
劉曄は「名君とは精神で通じ合うべきである。精神で通じるためには、大勢の中でしゃべりあっても仕方ない。二人きりで議論を交わすべきだ」と言い、曹操は他の4人よりも、劉曄を重く用いるようになったという。

漢中の張魯(ちょうろ)を攻めた時、あまりに険阻な地形に手を焼いた曹操は撤退を考えた。
だが劉曄はそれに敢然と反対し進軍を続けさせ、無事に漢中を平定させた。さらにその勢いをかり益州を制圧したばかりの劉備を攻めるよう司馬懿とともに進言したが、それは容れられなかった。

曹丕の代になっても重用され、蜀から寝返ってきた孟達(もうたつ)の裏切り、関羽死後の劉備による報復戦、臣従していた呉の反抗を次々と的中させた。
次代皇帝の曹叡(そうえい)にも信頼を受け、即位して間もない曹叡は劉曄だけに謁見を許し、夜更けまで二人きりで議論を交わしたという。
ある時、曹叡は蜀の征伐を考え群臣に意見を問うた。劉曄ははじめ賛成したが、曹叡が退出すると途端に意見を翻し反対し始めた。
怪訝に思った曹叡はなぜ意見を変えたのか尋ねたが、劉曄は何も答えなかった。その後、二人きりになるとようやく「他国の討伐は重大な国家機密です。機密は実行されるまで伏せておくべきです」と、安易に計画を漏らさないよう諌めた。
また劉曄は年若き曹叡の評価を尋ねられると「秦の始皇帝や漢の武帝の風格を持つが、二人にはわずかに及ばない」と答えたとされる。

生没年は不明だが重職を歴任し、死後には景侯と諡された。

一方で「傅子」には晩年に冷遇されたとする異説が紹介されている。
劉曄は数々の逸話で見られるように自らの心中を公の場では胸に秘める性質だった。
ある時、劉曄と対立する者が曹叡に「劉曄は陛下に迎合するだけの不忠者です。試しに陛下のお考えと逆のことを劉曄にお尋ねください。劉曄は必ず賛成します」と讒言した。
曹叡がそれを試すと、はたして劉曄は賛成した。曹叡は以来、劉曄を疎むようになり、孤独感に苛まれた彼は発狂死したというが、蜀征伐の際の逸話の下手な焼き直しにしか思えないし、曹叡はそんな下らない讒言を信じるような愚昧な人物ではないと考えられる。

「演義」では郭嘉に抜擢され史実よりも早く曹操に仕え、官渡の戦いではなぜか霹靂車(投石車)の指揮をとった。
また劉子揚(りゅうしよう)という魯粛の友人のそっくりさんが別に登場している。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R