忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・劉曄  策謀の貴公子



劉曄(りゅうよう)字は子揚(しよう)
淮南郡成悳県の人(?~?)

~経歴~
魏の臣。
劉備とは異なり、れっきとした皇族の子孫である。

劉曄が7歳の時、母が亡くなった。
母は臨終のおりに「父の側近には、家を滅ぼす者がいる。いつかその者を殺してくれ」と言い残した。
13歳になると、劉曄は「いまこそ母の遺言を実行しましょう」と兄に言ったが、兄はおじけてうなずかない。
そこで劉曄は単身、側近を切り捨てたという。

成人すると、鄭宝(ていほう)にその血筋と風格を利用され、反乱を起こそうと持ちかけられた。
気の進まない劉曄は、曹操に降ることを決意し、鄭宝を殺すために酒宴を開いた。
酔ったスキを狙おうとしたが、鄭宝は下戸で酒が飲めない。
そこで劉曄は自ら鄭宝を斬り殺し、反乱を未然に治めた。

名うての才人4人とともに、曹操の側に仕えることとなった。
他の4人は自分を売り込もうと、昼夜を問わず曹操と議論を交わしたが、劉曄だけは横になったまま、一言もしゃべろうとはしない。
せっかくの好機を生かそうともしない劉曄は4人にあざ笑われた。
しかし後日、曹操と二人きりになったとき、劉曄は初めて口を開き、曹操の心を大きく動かす議論の限りを尽くした。
劉曄は言う。
「名君とは精神で通じ合うべきである。精神で通じるためには、大勢の中でしゃべりあっても仕方ない。二人きりで議論を交わすべきだ」
曹操は他の4人よりも、劉曄を重く用いるようになった。

皇族の風格か、冷静沈着に物事を観察する眼に長け、戦から外交、人物鑑定などあらゆる分野で鋭い観察力を発揮し、その進言は常に的中したという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R