忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・典韋  悪来



典韋(てんい)字は不明
陳留郡已吾の人(?~197)

魏の将。体格に優れ怪力無双のうえ男気あふれる性格だった。
大食漢で他人の倍の量を平らげ、食事の際には左右から酒を注がせ、給仕を数人使ってようやく間に合うほどだった。

若い頃、世話になった劉氏(りゅう)の仇である李永(りえい)を殺した。県長を務め屋敷に厳重な警備を敷いていた李永に近づくため、来客を装って門を開かせると、懐に忍ばせていた匕首で刺し殺した。
追っ手が差し向けられたが典韋を恐れて遠巻きに後をつけるのみで、近づく者はたちまち叩き伏せられ、豪傑として知られるようになった。

董卓を討つため各地で諸侯が挙兵すると、典韋は張邈(ちょうばく)に仕えた。
誰も持ち上げられなかった巨大な旗を片手で悠々と持ち上げたためその怪力は轟き、後に曹操の配下に転じた。
呂布との戦いでは矢の雨の中を短戟を手に進軍を食い止め、先鋒を命じられては敵陣を陥落させた。
典韋の武名はますます高まり「帳下の壮士に典君あり。一双戟八十斤(約18キロ)を提ぐ」とうたわれた。

197年、曹操は張繍(ちょうしゅう)を降伏させた。酒宴の席で典韋は曹操の背後に大斧を持って立ち、周囲を睥睨していたため張繍らは頭を上げることもできなかったという。
だが張繍は叔母の鄒氏(すうし)を曹操に妾として奪われ、自身も命を狙われたことを恨み反乱を決意した。
腹心の賈詡は曹操の陣を兵が通行する許可を得させると、不意に曹操軍を襲撃させた。
典韋は曹操を逃がすため陣門に立ちふさがって奮戦した。双戟を一振りすると十数本の矛が砕けたといい、張繍軍は典韋の守る門を避けて侵攻した。
やがて衆寡敵せず大軍に包囲されると、典韋は満身創痍になりながら敵陣に突撃し、目を見開き大口を開けて敵を罵りながら息絶えた。

この戦で曹操の長子である曹昂(そうこう)も戦死したが、曹操は典韋の死をそれ以上に嘆き、遺体を取り戻すため志願者を募りさえした。
典韋の霊を祀るため廟を建てると、曹操はそこを通過するたびに祭祀を催したという。

「演義」でもほぼ同様の事績が語られた他、曹操軍随一の武勇を誇る許褚と互角に一騎打ちを演じ、またその最期は張繍配下の胡車児(こしゃじ)に酒を飲まされ泥酔したところで武器を奪われ、素手で奮戦したものの矢の一斉射撃を浴び立ち往生した、とされる。

他の創作では怪力で知られる胡車児が泥酔したうえ素手の典韋と戦うのを恐れたり、眠り込んだ所を襲ったものの泥酔したまま絞め殺されたりと、その剛勇ぶりはさらに脚色されている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R