忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・黄忠  老いてますます盛ん



黄忠(こうちゅう)字は漢升(かんしょう)
荊州南陽郡の人(?~220)

~経歴~
蜀の勇将。老将として知られる。

劉表(りゅうひょう)に仕え、劉表の甥・劉磐(りゅうばん)とともに長沙を守った。
しかし劉表の死後、その息子は曹操に降伏してしまい、太守として派遣された韓玄(かんげん)のもとで働いた。
曹操が赤壁で大敗し、長沙を含む荊州南部は劉備の手に渡ったため、黄忠も劉備に仕えるようになった。
劉備が益州を攻めると、常に先鋒として戦い、多大な戦果を挙げた。
益州を手に入れた劉備は、勢いをかって漢中に攻め入り、定軍山に布陣した夏侯淵と対峙。法正(ほうせい)の策で劉備は夜襲をかけ、張郃を窮地に陥れ、夏侯淵が兵の半数を救援に向かわせると、すかさず逆茂木(馬の侵入を防ぐ柵のような物)を焼き払わせた。
そして夏侯淵がわずかな兵をつれ逆茂木の修復に出てくると、その背後を黄忠に襲わせた。夏侯淵はいったんは撤退したものの、相手が老将と見てあなどったか、それとも手玉に取られて頭に血が上っていたか、反撃に乗り出して、黄忠に返り討ちにあい戦死した。

漢中王となった劉備は黄忠に、関羽と同等の高い官位を与えようとした。諸葛亮は「漢中の攻略戦で張飛や馬超は、黄忠の働きを見ているから反対しないでしょう。しかし荊州にいた関羽は納得しますまい」と反対したが、劉備は「私が自ら関羽を説得しよう」と押し切った。
はたして関羽は「老兵と同格など不服だ」と激怒したが、使者として赴いた費詩(ひし)が故事を引き、「劉備様の心の中では、あなたが黄忠殿と同列などと思っているわけがありません。劉備様とあなたは一心同体です。官位の上下など問題にもならないはずです」と説得したため、関羽は納得して任官を受け入れた。

翌年、黄忠は没した。息子は早逝していて跡継ぎがなく、黄忠の家は断絶した。
後世の人々は、年老いても矍鑠とした人を「老黄忠」と呼ぶようになったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R