忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・馮習  夷陵の戦いの戦犯?



馮習(ふうしゅう)字は休元(きゅうげん)
荊州南郡の人(??~222)

蜀の将。
222年、夷陵の戦いに従軍し李異(りい)の軍を破るなどはじめは活躍したが、陸遜の計略により大敗を喫し、最期は潘璋(はんしょう)の兵に斬られた。

「蜀書楊戯伝」などで「馮習が呉軍を侮ったため惨敗した」と戦犯扱いされるが、本当は遠征軍を率いた劉備の采配がまずかったのだが、皇帝である劉備を批判できず(正史の著者の陳寿は蜀の旧臣)馮習がスケープゴートにされた、という説もある。

「演義」では張南(ちょうなん)とセットで登場しがちで、特に敵を侮る逸話もないまま戦死する。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R