忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・鞏志  なにげにスナイパー



鞏志(きょうし)字は不明
出身地不明(??~??)

武陵太守・金旋(きんせん)の副将。「演義」オリジナルキャラ。
赤壁の戦い後、張飛の軍が武陵に迫ると金旋は迎撃しようとしたが、鞏志は「勝算がないのに兵や民を危険にさらすだけだ」と反対した。
金旋はそれを退けて出撃するも、あっさり敗れた。鞏志は城門を閉ざして金旋の入城を拒むと、城壁の上から一発で射殺し張飛に降伏した。
劉備、諸葛亮は民を思いやれる人物だとして、鞏志を後任の武陵太守に任じた。以降は全く登場しない。

その後、関羽が長沙を攻めると、魏延は同様に太守を殺して降伏したが、諸葛亮は「主君を殺す人物は信用ならない」と魏延を処刑しようとした。鞏志と比べて諸葛亮の魏延への扱いはあまりに酷すぎる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R