忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・霍峻  益州制圧の陰の立役者



霍峻(かくしゅん)字は仲邈(ちゅうばく)
荊州南郡枝江県の人(177~216)

蜀の将。はじめは荊州刺史の劉表(りゅうひょう)に仕えた。
兄の死後、劉表の命でその兵を受け継ぎ、208年に荊州が曹操の手に落ちると劉備に従った。

212年、劉備が益州制圧に乗り出すと、葭萌の守備を命じられた。
霍峻は漢中の張魯(ちょうろ)からの誘いをはねのけ、劉璋(りゅうしょう)配下の向存(しょうぞん)率いる一万の大軍に包囲されるも数百の兵で1年にわたり防衛を続け、ついには精鋭を選んで出撃し向存の首を挙げた。
劉備が益州を平定するにあたり、小勢で東方戦線を堅持した霍峻の働きは絶大であり、戦後には梓潼太守兼裨将軍に昇進した。

だがそれからわずか2年後、40歳で没した。劉備はその死を大いに悲しみ、遺体を成都に迎え入れると葬儀に参列し、彼の墓のそばで一夜を明かしたという。

「演義」では益州制圧の際に孟達(もうたつ)の推薦を受けて登場。
終始ただの孟達の相方程度のポジションで、馬超が現れるや泡を食って劉備に助けを求めたり、援軍として来た黄忠・厳顔(げんがん)の老将コンビをあなどって嘲笑したりと「正史」での働きと比べてあまりに不遇である。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R