忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・羅憲  孤立無援の戦い



羅憲(らけん)字は令則(れいそく)
荊州襄陽郡の人(??~270)

蜀の将。父の代に戦乱を避けて益州へ移り住んだ。
13歳にして文才を知られ、譙周(しょうしゅう)に師事し門人からは孔子の高弟として名高い子貢にたとえられ「真面目で飽くことなく人材を求め、財産を軽んじ好んで人に施し、利殖を好まない」と清廉潔白な人格と評された。
長じると太子となった劉禅の腹心となり、呉にも二度使いし賞賛された。

だが蜀の実権を握った宦官の黄皓(こうこう)におもねらなかったため、左遷され黄皓と昵懇の閻宇(えんう)の配下に付けられた。
263年、魏が蜀征伐の兵を起こすと、都の救援に向かう閻宇に代わり永安の守備についた。
やがて蜀が降伏したという報が届くと混乱が巻き起こったが、羅憲は混乱を助長する者を一人斬り捨てただけでそれを鎮圧した。

呉は同盟国の蜀を救援すると見せかけて、永安を奪取しようと兵を送った。
配下は動揺したが、羅憲は「蜀の滅亡は呉の命運にも直結するのに、呉は盟約を無視して利益を求めようとしている。不義理の呉も長くはない」と開城を拒否し、援軍の見込みのないまま防戦の準備をさせた。

翌264年、蜀を制圧した鍾会が反乱するなど、魏軍が大混乱をきたすと、呉はそれを好機と陸抗(りくこう)ら3万の大軍を永安に増派した。
羅憲は孤立無援のまま半年にわたり防戦し、城内の者の大半が倒れた。逃亡を勧める者もいたが「危急に臨んで民を見捨てることは、君子のなすべきことではない」と拒絶し配下を鼓舞した。
やがて魏から鍾会の反乱を鎮めた胡烈(これつ)らの援軍が到着し、呉軍は撤退した。

魏を治める司馬昭は羅憲の采配と亡国への忠誠を激賞し、旧職のまま留めるとともに将軍位を贈り列侯した。
さらに武陵郡の四県が呉に叛くと、武陵太守・巴東監軍に任じた。
翌265年には入朝させ、司馬炎の代には陳寿ら蜀の優秀な旧臣を羅憲に推挙させた。
その後は巴東に戻り呉への備えと、きたる呉征伐の準備を進め、270年に没した。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R