忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・王伉  呂凱の相方



王伉(おうこう)字は不明
益州蜀郡の人(??~??)

蜀の将。
223年、劉備が没した混乱に乗じ、益州南部の豪族である雍闓(ようがい)が太守を殺し反乱を起こした。
近隣の諸郡も次々とそれに呼応したが、永昌郡の官吏を務める王伉と呂凱(りょがい)は、太守すら不在のなかで、果敢にも抵抗を決意した。
2年にわたり反乱軍の攻撃を防ぎ、ようやく諸葛亮の率いる討伐軍が現れると、雍闓らは動揺から仲違いを起こした末に各個撃破された。

諸葛亮は「永昌の人々がこんなにも忠義に厚いとは知らなかった」と二人を激賞した。
王伉は永昌太守に、呂凱は雲南太守に昇進したが、呂凱は間もなく反乱軍と戦い討ち死にした。

「演義」では王伉ははじめから永昌太守として登場。呂凱はその参謀役で、諸葛亮の南蛮討伐軍にも加わり戦死もしないが、王伉にその後の出番はない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R