忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・楊洪  勉強嫌いの出世人



楊洪(ようこう)字は季休(ききゅう)
犍為郡武陽の人(?~228)

~経歴~
蜀の臣。
学問を好まなかったが、誠実で清廉な人柄で頭が切れ、国のことを自分のことのように心配する忠誠心や、継母に対する孝行の心を高く評価された。
はじめは劉璋(りゅうしょう)、のちに劉備に仕える。李厳(りげん)のもとで郡の役人をしていたが、彼が役所を移転させようとすると楊洪は「官職を奪われても反対です」と述べたため、その心意気を買った李厳は州に推挙してやった。
蜀軍が漢中を攻めると、前線の劉備は守備に残った諸葛亮に増援を乞うた。楊洪は「漢中は蜀の運命を握る要衝です。ためらうことはありません」と言上した。楊洪は遠征に従軍していた法正(ほうせい)の代わりに蜀郡太守を務め、見事に遂行したため、法正が亡くなるとそのまま太守に任じられた。
夷陵の戦いに敗れた劉備が危篤に陥ると、諸葛亮は見舞いのため都を空けた。その隙を突いて黄元(こうげん)が反乱したが、楊洪はすぐに察知し、兵を派遣させて防いだ。敗れた黄元が南方に逃れて力をたくわえることを人々は恐れたが、楊洪は「凶暴な黄元が受け入れられるはずがない。道を封鎖して行き場を失ったところを捕らえればよい」と語った。はたして黄元はすぐに捕らえられた。
若いころ張裔(ちょうえい)と親しかったが、張裔の子が過失を犯したとき弁護しなかったため楊洪は恨まれた。のちに諸葛亮が張裔を推挙しようとしたとき、楊洪は反対して向朗(しょうろう)を推した。人々ははじめ、楊洪は自分が推挙されなかったことを恨み張裔の邪魔をしたのだろうと思ったが、張裔が別の者ともいさかいを起こすのを見て、すべては張裔の逆恨みだと悟った。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R