忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・梁虔  姜維の友人Bの弟



梁虔(りょうけん)字は不明
出身地不明(??~??)

魏→蜀に仕えた。
228年、天水郡で主記を務めていた。
太守の馬遵(ばじゅん)と視察に出ていたところ、諸葛亮が大軍で攻め寄せたため付近の郡で反乱が相次いだ。
馬遵は付近の住民のみならず梁虔らに寝首をかかれることを恐れて逃亡したため、取り残された梁虔や姜維らは蜀に降伏した。
蜀で順調に昇進し、姜維より先に没した。

大長秋の位にあったとされ、これは宦官の長官であるため晩年の梁虔も宦官になったと考えられる。
姜維とともに降伏した尹賞(いんしょう)、梁緒(りょうしょ)らも蜀で重職を務めたが姜維より先に没した。特に梁虔が亡くなったことで宦官の抑えが効かなくなり、黄皓(こうこう)の一層の暗躍を招いた……まで妄想した。

「演義」では梁緒の弟に設定され、兄の説得により蜀に降った。降伏後は登場しない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R