忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・李厳  三国一のDQN



李厳(りげん)字は正方(せいほう)
後に李平(りへい)と改名した。
荊州南陽郡の人(?~234)

~経歴~
蜀の将。
劉表(りゅうひょう)のもとで県長を務めたが、劉表が死に曹操が荊州に侵攻すると、混乱する情勢を逃れて益州に移った。
そこでも劉璋(りゅうしょう)に取り立てられたが、劉備が益州征討に乗り出すと、守る綿竹関を明け渡しいちはやく降伏した。
平定後には諸葛亮、法正(ほうせい)、許靖(きょせい)、伊籍(いせき)らとともに「蜀科」という法律を制定し、自分の下で働いていた楊洪(ようこう)を推挙、相次ぐ反乱を鎮圧するなど大きく貢献した。
関羽の仇討ちに乗り出した劉備が呉軍に大敗すると、臨終の床に呼ばれ、諸葛亮とともに後事を託された。
しかし李厳は後継の劉禅(りゅうぜん 劉備の嫡子)に不安を感じ、諸葛亮に王位につくよう勧めたが、諸葛亮は「魏を平らげた暁に考えましょう」と受け流した。
諸葛亮が北伐に向かうと、全ての政務や兵糧を任された。しかし長雨で兵糧輸送が滞り、北伐軍が撤退すると、「なぜ諸葛亮が撤退したのかわからない」と責任転嫁し、劉禅皇帝には「今回の撤退は作戦上のものです」とごまかした。
帰国した諸葛亮が、証拠を集め追求するとようやく李厳は罪を認めた。陳震(ちんしん)らは兼ねてより李厳のいいかげんさを危惧していたが、諸葛亮は李厳の有能さを認め、目をつぶっていたと猛省した。
李厳は流罪となったものの「いつか諸葛亮は自分を復帰させてくれる」と楽観視していたが、諸葛亮が死ぬと「もはや蜀には自分の有能さを見抜ける者はいなくなった」と嘆き、気落ちして病を得て亡くなった。

いくら乱世とはいえ劉表→劉璋→劉備と危機に臨んでは次々と主を変え、ようやく自分を認めてくれる人物に出会えても力を尽くさず、挙句の果てには足を引っ張り責任転嫁、最期は勝手に世を嘆いての死と、実力を鼻にかけてしょうもない生涯を送ったDQNである。

ちなみにどう考えても文官肌の人物だが「演義」ではなぜか黄忠と一騎打ちで互角に戦って見せている。性格に難はあるが諸葛亮が認めたほどの逸材という面を強調するために、政治的な手腕を描きにくい「演義」では武勇に優れた姿を描いたのだろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R