忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・張飛  燕人張飛ここにあり



張飛(ちょうひ)字は益徳(えきとく)。「演義」では翼徳(よくとく)。中国では音が同じなら漢字は適当にふられることが多い。
涿郡涿県の人(?~221)

~経歴~
同郷の劉備の挙兵に従う。年長の関羽を義兄として敬った。
劉備が徐州を治めていたとき、張飛は下邳の守りを任された。しかし曹豹(そうひょう)と仲違いし、その隙をついて客将の呂布に城を落とされてしまった。
拠点を失った劉備は、曹操、袁紹、劉表のもとを転々としていき、張飛もそれに従った。

劉表が死に、後継ぎの劉(りゅうそう)が曹操に降伏すると、劉備は南に逃れたが、曹操の追撃に遭った。
わずか二十騎ばかりを率い殿軍を務めた張飛は、長坂坡の橋を落とすと「我こそは張飛なり。ここで生死を決せん」と大喝した。曹操軍には数千の兵がいたが、恐れをなして誰も立ち向かおうとはしなかった。
またこの戦いの前後に、夏侯淵の従妹を捕らえ、自分の妻とした。彼女の産んだ娘二人はいずれも蜀の第二代皇帝・劉禅(りゅうぜん)の妻となり、また蜀の末期に夏侯淵の次男・夏侯覇(かこうは)はその縁を頼って蜀に亡命している。
ちなみに娘はゲーム「三國無双」の星彩のモデルである。

劉備が益州を攻めると、諸葛亮、趙雲とともに後詰めとして出陣した。
敵将の厳顔(げんがん)はわずかな兵で善戦したが捕らえられた。張飛が「なぜ降伏しなかった」と問うと厳顔は「我が国には首をはねられる将はいても、降伏する将はいないのだ」と言い返した。
激怒した張飛が殺そうとすると、さらに「殺すならさっさとすればいい。何を怒る必要がある?」と堂々とした態度を崩さなかったため、感服した張飛は厳顔を解放し、以降は賓客として扱ったという。

217年、蜀を制した劉備は漢中の制圧に乗り出した。
張飛は馬超とともに曹洪(そうこう)と対峙した。張飛は敵の背後に回る素振りを見せ、撹乱作戦を狙ったが、曹休(そうきゅう)に見破られ、本隊を撃破された。その際に副将の呉蘭(ごらん)、雷銅(らいどう)、任夔(じんき)らが戦死する大損害をこうむった。
しかし翌年、今度は張郃と戦うと、狭い山道におびき寄せ、敵を各個撃破し大戦果を挙げた。

221年、関羽が戦死すると劉備は仇討ちに乗り出した。しかしその途上、張飛は部下の范彊(はんきょう)、張達(ちょうたつ)によって暗殺された。
張飛は身分の高い者は敬うが、部下にはしばしば酷い扱いをし、しかもそうして迫害した相手を平気で側においていたことから、劉備はつねづね間違いが起こらないか危惧していた。この時も張飛の部下が訪れたと聞いただけで劉備は「ああ、益徳が殺されたか」と察したという。

長男の張苞(ちょうほう)はすでに亡くなっていたのか、次男の張紹(ちょうしょう)が跡を継いだ。
蜀の滅亡の際、張紹は降伏を唱えたが、孫の張遵(ちょうじゅん)は姜維とともに魏軍と戦い、戦死を遂げている。


~張飛の人物~
創作などでは粗暴な無頼漢として描かれるが、厳顔を許した逸話や魏軍との戦いでとった作戦を見ると、平均以上の知性が感じられ、現存する張飛の直筆の書も、大変な達筆であるという。
当時の身分の差は激しく、張飛が名門の劉巴(りゅうは)と親しく付き合おうとしたが、劉巴は「一兵士と口を利く必要はない」と完全に無視し、劉備を怒らせたという逸話があり、張飛の目上の者を敬い、下の者にきつく当たったという性格は、貧しい出自がコンプレックスであったのだろう。

余談だが、張飛の娘は姉妹そろって劉備の子・劉禅に嫁いでおり、それも姉が亡くなると、次いで妹が後添えに立てられていて、相当な美女であったことがうかがわれ、父の張飛もまた美男子だったのでは……と推察されることもある。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R