忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・孫乾  縁の下の力持ち



孫乾(そんけん)字は公祐(こうゆう)
青州北海郡の人(??~??)

劉備の配下。孫子こと孫臏の末裔とする説があり、大学者の鄭玄(じょうげん)の門下生。

陶謙(とうけん)の跡を継ぎ劉備が徐州刺史になった時に招聘された。
以降は曹操、袁紹、劉表(りゅうひょう)ら群雄のもとを渡り歩いた劉備に付き従い、主に外交を担当した。

214年、劉備が益州を制圧すると古参の糜竺(びじく)、簡雍(かんよう)らとともに高位(武官でもベスト5)に上ったが、間もなく死去した。

「演義」ではもともと陶謙の配下で、刺史の座を譲る際に劉備に仕えた。
「正史」よりも出番は多く、あちこちに顔を出すが死去したことには触れられないため、いつの間にか姿を消している。

また「横山三国志」では厳つい二本の角が付いた兜をかぶった鎧姿が描かれた。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R