忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・傅士仁  明暗を分けた裏切り者



傅士仁(ふしじん)字は君義(くんぎ)
※関羽伝でのみ傅士仁となっており、士仁が正しいようだが著名な傅士仁で記す
広陽郡の人(?~?)

~経歴~
蜀の臣。
関羽、麋芳(びほう)とともに呉に備えていたが、関羽は同僚に酷薄で、つねづね冷遇されていた。
関羽が出陣したときは後方支援だけ行い前線には出ず、また麋芳が誤って武具を燃やしてしまったこともあり、関羽には「呂蒙を破ったら次はお前たちの番だ」と脅された。
呂蒙は自分を警戒して関羽が後方に軍を残していることに悩み、仮病で前線から退いた。関羽が後方の軍を前線に回すのを見るや、小勢を率いて傅士仁らの守る公安に迫った。傅士仁は降伏をしぶったが、呂蒙の軍は既に荊州の深くまで攻め入り、虞翻(ぐほん)に「ここで呉に抵抗しても、関羽に背後を襲われ挟み撃ちになるだけだ」と説得されたため、涙ながらに降伏した。
呂蒙が彼を引きつれ進軍したため麋芳も降伏し、孤立した関羽は戦死した。

ちなみに『演義』では関羽を殺した馬忠(ばちゅう)の首を手土産にふたたび蜀に降り、麋芳とともに関羽の子・関興(かんこう)に処刑されている。


~虞翻との関わり~
呉に降伏後、麋芳は虞翻にいびられたが、傅士仁は『演義』では虞翻の親友とされるほどで、特にいびられてはいない。
虞翻が他にいびった者といえば、魏の于禁(うきん)がいるが、傅士仁は彼らと違いやむなく降ったために目をつけられなかったのだろう。
なんせ傅士仁と立場が同じに思える麋芳は、呂蒙の軍が迫ると酒と肉を用意して出迎えたというし、『演義』にいたっては降伏をしぶる傅士仁の前で、関羽からの使者を斬り殺しているのだ。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R