忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――蜀・糜竺  大富豪将軍



糜竺(びじく)字は子仲(しちゅう)
東海郡眗県の人(?~221)

蜀の臣。先祖代々裕福であり、小作人1万人を抱える大富豪だった。
はじめは徐州刺史の陶謙(とうけん)に仕え、没すると跡を継いだ劉備に仕えた。

196年、劉備が遠征した隙をつき呂布が徐州を占拠した。
劉備の妻子も捕らえられたため、糜竺は妹を夫人として差し出すとともに、莫大な資金と2千人もの下僕を援助した。
後に劉備が曹操を頼ると、曹操は糜竺と弟の糜芳(びほう)に官位を与え引き抜こうとしたが、兄弟はそれを辞去して劉備とともに曹操のもとを去った。

劉備が益州を制圧すると、糜竺は高位に上った。諸葛亮はもちろんのこと、先に仕えていた簡雍(かんよう)や孫乾(そんけん)ら古参の臣をも上回る席次だったが、自ら兵を率いることは一度もなかった。
しかし自身は騎射の腕に優れ、弓の名手として知られた董卓のように左右どちらの手でも正確な射撃ができ、子孫にもその腕は受け継がれたという。

219年、弟の糜芳が呉に寝返り、関羽が敗死するきっかけとなった。
糜竺は自らを縄で縛り劉備に処罰を求めたが、劉備は弟の罪に連座する必要はないとそれをなだめた。
しかし剛直な糜竺は恥と怒りから病を発し、それから1年ほどで亡くなってしまった。

糜竺が徐州に遺した広大な農地では、後に糜竺は神として祀られた。
鬱州島の島民はすべて糜竺の下僕の子孫であると言われ、牛欄村は村全体がもともと糜竺の牧場であったという。
それらの住民はかつての主である糜竺を神格化し、嫁を迎える時には糜竺の神前に披露しなければ祟りがあるとされ、長く信仰されたといい、糜竺の桁外れの財力の一端がかいま見える。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R