忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――蜀・糜竺  大富豪将軍

  

糜竺(びじく)字は子仲(しちゅう)
東海郡眗県の人(?~221)

~経歴~
蜀の将軍。
小作人を1万人抱えるほどの先祖代々の大富豪。しかし弓馬の腕に優れ、政治手腕も抜群。徐州を治める陶謙に招かれ片腕を務めていた。
陶謙が死ぬと劉備を迎え徐州を治めさせる。劉備が呂布に城を奪われ妻子を失ったときには自ら私財を差し出し、下僕2000人を集めさらに妹を劉備に嫁がせた。名声を聞いた曹操に徐州の太守に任命され招かれるが最後まで劉備に仕え続けた。
後に、弟の糜芳が関羽を見捨て呉に去ると、自分を縄で縛り処罰を請う。しかし劉備の義兄であることから罪に問われず。(弟が裏切ったからと劉備が責任を追及したとは思えないが)剛直な糜竺は怒りと恥で病を発し、1年後に死んだ。
その地位は諸葛孔明よりも上だったが、自ら軍を率いたことは一度もなく、人を統率するのは苦手だったという。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R