忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――蜀・沙摩柯  古代中国のヨガ使い

  

沙摩柯(しゃまか)
出身地不明(??~222)

蜀に協力した異民族の王。
222年、夷陵の戦いで劉備に味方し参戦するも討ち死にした。

「演義」では血のように赤い顔で碧眼に描かれ、鉄疾黎骨朶(てつしつれいこつだ 簡単に言えば釘バット)を武器に暴れ回り、史実では同時期に病死した甘寧を射殺する大金星を挙げた。
蜀軍が敗北すると、撤退中に周泰(史実ではとっくに没している)に追いつかれ、一騎打ちの末に首を獲られた。

なお創作等では夷陵の戦いで蜀に協力した武陵蛮の一員として登場しがちだが「正史」で沙摩柯は「胡王」と記され、「胡」は一般的には北方民族のことを指している。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R