忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――蜀・楊儀  口は災いの元



楊儀(ようぎ)字は威公(いこう)
襄陽郡の人(?~235)

~経歴~
蜀の将。孔明の補佐役として、政治に軍事に尽力。縁の下の力持ちとして重用される。
しかし軍事の最高責任者だった魏延とはことあるごとに反目しあい、魏延に白刃を突きつけられ泣くこともあったという。魏延が謀叛したきっかけとなったのは、楊儀との確執であろう。
孔明の死後は首尾良く魏延を殺したものの権力を姜維と蔣琬(しょうえん)に持っていかれ、「こんなことになるなら魏に降っていればよかった」とぼやいたのを密告されて左遷。
おのれの恥を知り自害したという、潔いのか悪いのか、いまひとつつかめない人物である。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R