忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―蜀・姜維  蜀漢最後の賭け

  

姜維(きょうい)字は伯約(はくやく)
涼州天水郡冀県の人(202~264)

蜀の将。はじめは魏に仕えた。
姜家は「天水の四姓」と呼ばれる名家で、異民族と戦い討ち死にした父の武功から姜維も取り立てられた。

228年、諸葛亮が北伐の兵を挙げると、姜維は天水太守の馬遵(ばじゅん)とともに偵察に赴いた。
ところが周囲の県が次々と蜀軍に降伏していくのを見た馬遵は、自分も寝首をかかれるのではという疑心暗鬼にかられ、姜維らを置き去りにして城に逃げ戻った。
城門を固く閉じられ、行き場を失った姜維らはやむなく蜀に降った。諸葛亮は彼を「職務に忠実で思慮深い涼州で最高の人材。用兵に秀で度胸があり兵卒の心を理解する」と大いに評価し、高位に抜擢した。
郷里に残された姜維の母は帰参を呼びかけたが、蜀で栄達するため彼はそれを断ったとも伝わる。

234年に諸葛亮が没すると軍事面での後継者と目され、何度となく北伐に打って出た。
地の利と人脈を活かして西方の異民族の協力を得て、たびたび国境を侵したが、魏の郭淮や夏侯覇に阻まれ目立った戦果は挙げられなかった。
諸葛亮の跡を継いだ蔣琬(しょうえん)、費禕(ひい)らは無謀とも取れる姜維の北伐をたしなめ、特に費禕は「我々の力は丞相(諸葛亮)に及ばない。丞相でさえ成し得なかった北伐を我々が果たせるものか」とまずは内政を重視し人材育成に励むよう忠告し、姜維に1万以上の兵を預けなかった。

だが253年、費禕が魏の降将の郭循(かくじゅん)に宴席で突如として刺殺されると、姜維に軍権が与えられ、数万の兵を率いて北伐を敢行した。
翌年、魏の李簡(りかん)の寝返りに乗じて三県を制圧し、病を押して出陣した張嶷(ちょうぎょく)は戦死したものの敵将の徐質(じょしつ)を討ち取った。

さらに翌255年には亡命してきた夏侯覇を副将に王経(おうけい)軍を大破し、数万もの首級を挙げた。同年に没した郭淮の跡を継ぎ対蜀方面の司令官を務める陳泰(ちんたい)は、合流地点に王経が現れないため変事を悟った。
鄧艾は狄道城に逃げ込んだ王経を見捨て、後方の守りを固めるよう進言したが、陳泰は攻城戦に移った蜀軍の士気が下がり、兵糧も不足していることを見抜くと、狄道城に急行した。
陳泰の電撃戦に姜維は敗れ、城の包囲を解き撤退した。王経は「狄道が落ちれば雍州・涼州も危うかった」と言い、司馬昭も陳泰の判断を讃えた。

翌年、姜維は雪辱戦に挑んだが、友軍の胡済(こせい)が後詰めに現れなかったため孤立し、鄧艾に大敗を喫した。この敗戦により討たれた将は2桁、兵は4桁に上り、蜀の軍事力は著しく後退し事実上、北伐の達成は不可能となった。
姜維は諸葛亮が自ら丞相を辞した先例に倣い自らを降格としたが、胡済は処罰を受けておらず、記述は乏しいが合流できなかったのはやむをえない事情があったと思われる。
翌257年、魏の諸葛誕が揚州で反乱したのに呼応し挙兵したが敗北。これまで姜維を擁護してきた主戦派の陳祗(ちんき)が翌年に没し、この頃に夏侯覇も亡くなったと見られ、姜維は孤立し批判の矢面に立たされた。

姜維は4年の間、漢中の防備を固め、軍を再編成し262年に北伐に挑んだが、またも鄧艾に敗れた。
都では宦官の黄皓(こうこう)が専権を振るい、知己の閻宇(えんう)を姜維の後任にしようと画策した。魏からの降伏者で派閥も持たない姜維に対抗する力はなく、諸葛瞻(しょかつせん)や董厥(とうけつ)ら当時の政治の中枢に座っていた面々も姜維の降格に賛成した。
姜維は劉禅皇帝に黄皓を除くよう嘆願したが容れられず、身の危険も感じたためもはや都に戻ることなく、漢中に駐屯し続けた。

翌263年、姜維は魏の侵攻が近いと察知し、張翼(ちょうよく)や廖化(りょうか)ら歴戦の勇将を援軍に派遣するよう要請したが、黄皓は敵襲が無いとする巫女の託宣を信じて姜維の上表を握りつぶした。
しかし同年5月、鄧艾・鍾会の率いる大軍がついに現れた。
劉禅は驚き張翼・廖化を派遣し、姜維はよく防戦に努めたが、鄧艾は一部隊を率いて隘路を抜け、後方に回り込んだ。
迎撃に出た諸葛瞻は戦死し、鄧艾の軍が成都に迫ると劉禅は降伏し蜀は滅亡した。
姜維らもやむなく鍾会に降り、剣を石で叩き折り悔しがったと伝わる。

その後、姜維は鍾会の野心を見抜くと結託して謀叛を企んだ。
鍾会は蜀制圧の立役者である鄧艾が、勝手に配下に官位を与えるなど増長したのを告発し逮捕させると、主だった将を獄につなぎ独立を画策した。
だが腹心の丘建(きゅうけん)はかつての上官で獄中の胡烈(これつ)と連絡を取り合い、鍾会が魏の将兵を皆殺しにしようと企んでいるという情報を流し、彼らを決起させた。
魏の将兵によって鍾会は討たれ、乱戦の中で姜維と張翼も戦死した。享年63。
切り刻まれた姜維の死体からは一升枡ほどの大きさの胆が出てきたとされる。
陳寿は「姜維は文武ともに優れていたが、多年にわたり国力を無視した北伐を敢行し、蜀の衰亡を早めた」と評した。

「演義」では初登場で趙雲と一騎打ちで互角に戦い、計略で諸葛亮に初敗北を味わわせた。
諸葛亮はその才能に感嘆し、離間工作を用いて姜維を孤立させ寝返らせた。
その後は諸葛亮の後継者として活躍し、度重なる出兵で国力を衰退させたことには触れられず、末期の蜀で孤軍奮闘する姿が描かれる。
またなぜか享年は59と4つサバを読まれ、胆も鶏卵大に縮小される謎アレンジを加えられた。

「横山三国志」では蜀滅亡後に泣きながら剣を叩き折るシーンが最後で、鍾会と結託した反乱は描かれない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R