忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―演義・鄭文  偽装投降を見破られる

鄭文(ていぶん)字は不明
出身地不明(??~234)

魏の将。「演義」オリジナルキャラ。

234年、北伐の兵を挙げた蜀軍に偽装投降した。
司馬懿が秦朗(しんろう)を重用するのに反発したためと語り、その秦朗が追撃してくると、出撃して一刀のもとに斬り伏せた。
だが諸葛亮は首級を見るやこれは秦朗ではないと怒り、鄭文は「実は弟の秦明(しんめい)でした」と苦しい釈明をしたものの捕らえられた。
周囲の者がなぜ見破れたのかと驚くと、諸葛亮は司馬懿はみだりに人をえこひいきせず、秦朗を重用するからには武芸に優れているはずなのに、一刀両断されるわけがないと説明。
鄭文を信用したという偽報を流して魏軍をおびき寄せ、本物の秦朗を討ち取らせると、用済みになった鄭文も処刑させた。

「吉川三国志」では諸葛亮は推理を披露せず、本当に秦朗を見知っていた様子で、鄭文は釈明せず、その後の処刑も描かれない。
「横山三国志」では諸葛亮は推理を披露し、鄭文も釈明するなど「演義」に即した展開が描かれる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R