忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―晋・裴秀  マッパーマッパで死す

裴秀(はいしゅう)字は季彦(きげん)
司隷河東郡聞喜の人(224~271)

魏・晋の臣。
裴潜(はいせん)の子。

生母の身分が低く、また叔父の裴徽(はいき)が名声高かったため、父の正室である継母に冷遇された。
だが生母は毅然とした態度を崩さず、やがて継母の冷遇はやみ、裴秀こそ一族の後継者だと認められた。
ちなみに父の裴潜も生母の身分が低く、父に疎んじられていた過去がある。

毌丘倹(かんきゅうけん)の推挙により曹爽(そうそう)に仕え、244年に父が没すると弟らに財産を分け、自身は爵位を継いだ。
249年、専横を極めた曹爽一派が粛清されると罷免されたが、次いで政権を掌握した司馬昭に招聘され、五等級の爵位制度を制定した。

8歳にして文才を知られ学問に優れた裴秀は曹髦(そうぼう)に「儒林丈人」と呼ばれ、師として敬われた。曹髦、裴秀、鍾会、司馬望(しばぼう)、王沈(おうちん)らは年齢や身分を超えて付き合い、議論を交わした。
軍事でも重きを置かれ、諸葛誕が反乱すると鍾会、陳泰(ちんたい)とともに参謀を務めた。
その他にも、馬鈞(ばきん)の提案した発石車の改良について不備を指摘し、傅玄(ふげん)と口論した話も伝わる。

晋の代になると、司馬炎の後継を助けたこともあり重用され、やがて司空にまで上った。またこの頃に地理の知識を活かし、精巧な地図を作り、「製図六体」という製図法を考案し、製図の際の縮尺・距離・方位等を定め、地理史に多大な貢献をした。
現代中国にも優れた地図に贈られる「裴秀賞」があるという。

呉征伐も推進していたが271年、48歳で病没した。
死因は薬の誤飲によるもので、五石散(漢方薬)を熱燗ではなく冷酒で飲んでしまい、高熱と低体温を繰り返して衰弱し、解毒のため冷水を大量に飲まされ、冷水浴させられたところ、体温を奪われ水中で絶命したと伝わる。

後を継いだ長男が早逝したため次男の裴頠(はいぎ)が勅命で家を継ぎ、やがて国政にも携わったが、政争に巻き込まれ34歳で処刑された。
彼は父の最期を目の当たりにした影響か医術にも造詣深く、薬の調合ミスを防ぐため当時バラバラだった度量衡を統一するよう進言してもいる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R