忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―後漢・金尚  三休筆頭

金尚(きんしょう)字は元休(げんきゅう)
司隷京兆の人(??~197?)

後漢の臣。
若い頃から声望高く、同郷の韋休甫(いきゅうほ)・第五文休(だいごぶんきゅう)と合わせ「三休」と並び称された。

192年、戦死した劉岱(りゅうたい)に代わり兗州刺史に任じられ赴任しようとしたが、すでに鮑信(ほうしん)らの推挙により曹操が着任していたため追い返され、南陽の袁術(えんじゅつ)を頼った。
兵を借り受け封丘に進出したが大敗を喫し、袁術の身も危うくなったが、呂布が兗州で蜂起したため難を逃れた。

197年、袁術が帝位を僭称すると金尚を太尉に任じようとした。金尚は人を通じてそのつもりが無いことをほのめかし、それを察した袁術も無理強いしなかったが、間もなく金尚は逃亡を図り、失敗して殺害された。

遺体は先に袁術に協力させられ憤死した馬日磾(ばじつてい)の遺体とともに都へ届けられた。
献帝は金尚の忠義を称賛し、その霊を祀らせると子の金瑋(きんい)を取り立てた。
だが馬日磾は孔融(こうゆう)の猛反対により弔われなかったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R