忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――呉・呂蒙  呉下の阿蒙に非ず

  

呂蒙(りょもう)字は子明(しめい)
豫州汝南郡の人(178~219)

呉の将。
15~16歳の頃、孫策の配下で山越の討伐に向かう義兄(姉の夫)の鄧当(とうとう)の軍に密かに紛れ込んだ。
鄧当に気づかれ叱られたが、呂蒙は頑として帰ろうとせず、鄧当はやむなく呂蒙の母親に告げ口した。母も激怒したが呂蒙は「貧しさから脱するには危険を冒して武功を立てる他ない」と答え、母は言葉に詰まったという。
その後、鄧当の配下に侮辱されたのに激昂し、殺していったんは逃亡したが、考え直し自ら出頭した。評判を聞いた孫策は呂蒙の非凡さを感じ取り、側近に取り立てた。
数年後に鄧当が没すると、張昭(ちょうしょう)の勧めもあり後任として兵を率いるようになった。

孫策も没し孫権の代になるとさらに目を掛けられた。孫権に学問を勧められると「多忙だし博士になどならない」と断ったが、孫権は「私も多忙だが時間を作っては学問を修めた。博士になれとは言わない。ただ過去のことを多く知ってほしいだけだ」と重ねて勧め、呂蒙は熱心に学ぶようになり、儒学者をも上回る知識を身につけた。
ただ長じてから始めた学問のため正確な文字や文章までは覚えられなかったのか、重要な文書を著すときは部下に口述筆記させたと伝わる。

江夏の黄祖(こうそ)との戦いでは先鋒を務め、水軍都督の陳就(ちんしゅう)を討ち取った。後に黄祖も首尾よく討ち取ると、孫権は呂蒙の働きが大であると讃えた。
208年の赤壁の戦い、続く南郡の戦いでも活躍。学問の成果から策謀も繰り出し、南郡を守る曹仁を罠に掛け軍馬を奪った。
また面倒見がよく、降伏者や早逝した将の兵を編入されそうになると、再三にわたって固辞し、降伏者はその実力と忠誠を評価して兵をそのまま率いさせ、早逝した将の子弟には後見役を付けたうえで兵を持たせた。
甘寧の横暴な振る舞いを諌めたり、失脚した虞翻(ぐほん)の復帰に協力もしたという。

周瑜が病没し魯粛(ろしゅく)が後任として任地の陸口に赴く途上、旧知の呂蒙の陣営を通りかかったため、防備について質問した。
呂蒙はあらゆる質問に答え、それどころか魯粛に統治のための5つの策略を与えた。
魯粛は「呉下の阿蒙に非ず(呉にいた頃の蒙ちゃんではない)」と驚嘆し、呂蒙は「士三日会わざれば、汝刮目して見るべし(士たる者3日会わなければ見違えるほど変わっているものだ)」と応じ、両者の言葉はともに故事成語となった。

曹操は廬江太守の朱光(しゅこう)に命じ肥沃な皖城で屯田を開始させた。
呂蒙は放置すれば軍備を増強し手が付けられなくなると案じ、攻略作戦を上奏した。諸将は城攻めのため土山を築き、攻城兵器を用意すべきだと唱えたが、呂蒙は防備が整わないうちの電撃戦を選択し、甘寧を先鋒に日の出から猛攻を掛け、朝のうちに落城させ朱光を捕らえた。

214年、劉備が益州を制圧すると、孫権は貸与していたと考える荊州の返還を求めた。ところが劉備は魏領の涼州を手に入れたら返すとうそぶいた。激怒した孫権は魯粛と呂蒙に命じて兵を進め、呂蒙は荊州南部の長沙・桂陽・零陵を陥落させた。
一触即発の事態となったが、これ以上の武力衝突は魏の介入を招き、共倒れの危険もあると考え、魯粛は荊州を守る関羽と会談し、長沙・桂陽の割譲で手を打った。

215年、孫権は10万の大軍で合肥を囲んだが落とせず、撤退中に張遼に猛追撃を受け甚大な被害を受けた。張遼が孫権とすれ違うほど肉薄されたが、呂蒙や凌統が殿軍として奮戦し孫権を無事に逃がした。
翌年から曹操は濡須に大軍で攻め寄せたが、呂蒙は土塁の上から弩を放ち、先制攻撃で先鋒部隊を破り撃退に貢献した。
魯粛が没すると後任には厳畯(げんしゅん)が目されたが、軍事経験が浅く乗馬もできないからと辞退され、呂蒙が跡を継いだ。

呂蒙はかねてから関羽を討ち、奪った荊州を足掛かりに魏と戦う方策を立てていた。
219年、関羽が北上し曹仁の守る樊城を囲み、援軍に来た于禁(うきん)らを撃退しさらに兵を進めると、呂蒙は孫権とともに謀議を立て、密かに敵対していた魏と結び、関羽包囲網を布いた。
呂蒙は患っていた病を理由に前線を退き、後任に経験の浅い陸遜を据えて油断させると、関羽は後方の兵を前線に回し、荊州の防備を薄くした。
呂蒙は陸遜と、失脚していたがこの戦に備え医術の心得があるからと復帰させた虞翻、長じてから学問に励み呂蒙と並び称された蒋欽(しょうきん)らとともに荊州に奇襲攻撃を仕掛けた。
途中、関羽の置いた見張りに見つかりかけたが商人に偽装して騙し討ちし、虞翻が巧みな弁舌で太守の士仁(しじん)や糜芳(びほう)を説き伏せ、瞬く間に公安と南郡を占拠した。
関羽が急報を受けた時にはすでに退路を断たれており、軍律を徹底し領民を手懐け、降伏者はその家族も手厚く保護させた呂蒙に反旗を翻す者もなく、孤立した関羽は捕らえられ首を打たれた。

だが悲願の成就とともに呂蒙の病は篤くなり、明日をも知れなくなった。
孫権は内殿に迎え入れて看病させ、呂蒙の気を煩わせないようにと壁に穴を開けさせ、隣室からそっと様子を見守った。
賞金を掛けてまで名医を探させたが、その甲斐なく同年のうちに呂蒙は没した。享年42。

相次いで蒋欽、副将の孫皎(そんこう)、さらには曹操が急逝し、いずれも関羽の死に関わっていることから呪いと恐れられ、後の関羽信仰へとつながったともされる。

創作では呪いがクローズアップされ「演義」での呂蒙は戦勝祝いの宴のさなかに関羽の亡霊に取り憑かれ、孫権につかみかかり関羽の声で大喝し、そのまま全身の穴という穴から血を吹いて悶死した。
「横山三国志」ではそこまで関羽の亡霊は暴れず、呂蒙はただ吐血して急逝。
「人形劇三国志」では領民を人質にして関羽を降伏させるも処刑し、戦利品の赤兎馬を乗り回すも、馬はそのまま谷底へ身投げし呂蒙を道連れにしている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R