忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・太史慈  野望はついえず

  

太史慈(たいしじ)字は子義(しぎ)
青州東來郡の人(166~206)

~経歴~
呉の将。砦の上に立った敵の手を射抜くほどの弓の名手。
郡の官吏をやっていたときのこと。ある事件が出来し、青州と郡で、上奏文を先に出した方が勝つという事態になった。そこで太史慈は「青州が既に上奏文を出したかどうか確認する」ために都へ使わされた。すると既に青州の使者は到着していた。太史慈は「書類に不備がないか確かめたい」と役人を装って上奏文を受け取ると、それを破り捨ててしまった。そして「破った俺も渡したお前も同罪だ」と脅迫し、逃亡を誘った。
この一件で職を失ったが、太史慈の名は天下に響いた。

太史慈の名は奇人好きの孔融(こうゆう 孔子の子孫)の耳に入り、孔融は太史慈の母を厚くもてなした。そのため孔融の城が黄巾賊の管亥(かんがい)に囲まれたとき、太史慈の母は恩返しをするように命じた。
太史慈は孔融のもとに駆けつけると、劉備に援軍を求める役を買って出た。しかし城は厳重に包囲されている。そこで太史慈は自分の弓の腕前を活かした一計を案じた。的を持たせた部下とともに城外に出て、的に目がけて矢を放ち、そのまま帰っていくという奇妙なアピールを行ったのだ。黄巾賊は呆気にとられたが、意図は解らないものの害はないため、放っておいた。太史慈がそんなことを何日も続けていると、次第に警戒は緩んでいき、ある時太史慈は突然に包囲を破り、脱出することに成功した。
無事に劉備から援軍を借り受けた太史慈は、孔融を救うことができた。

後に劉繇に仕えるが、劉繇の信頼する許邵(きょしょう 人物鑑定の第一人者)は太史慈を全く評価していなかったため、冷遇され、斥候の任務しか与えられなかった。
しかし斥候として前線に出ていたことが、太史慈の運命を変える。たまたま視察をしていた孫策に出くわし一騎打ちをしたのである。孫策と太史慈の腕前は互角で、勝負は引き分けであったが、孫策も太史慈も戦いを通じすっかり意気投合してしまったのだ。
やがて劉繇が孫策に敗れると、太史慈は独立した。ゲリラ戦法で孫権を襲い周泰に重傷を負わせるなど善戦したが、衆寡敵せず孫策に降伏した。
太史慈は劉繇の残党を集めるように命じられ、誰もがそのまま帰ってこないと危ぶむなか、多数の残党をひきつれて帰還し、孫策の信頼に応えた。そうした功績から、正史では太史慈の伝は呉の配下としてではなく、劉繇らと同じ呉の基盤を作った群雄の一人とされている。
その勇名は曹操の耳にも届き、曹操は太史慈に贈り物をした。箱の中には当帰(薬草)だけが入っていて「当に帰するべし」といういかにも曹操らしいしゃれた暗示だった。しかし太史慈は孫策への忠義を守った。

その後は荊州方面の最高司令官として活躍するも、赤壁の戦いを前にして死去。
「男として生まれたからには、長剣を帯び皇帝になるべきを、こんなところで死ぬことになるとは」と言い残した。
忠義の塊といわれるが、いつまでも野望の灯を絶やさない英傑であった。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R