忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・駱統  心優しき名臣



駱統(らくとう)字は公緒(こうしょ)
会稽郡鳥傷の人(193~228)

~経歴~
呉の将。政治・軍事両面で活躍した。

幼くして父を袁術(えんじゅつ)に殺され、さらに8歳のとき生母は華歆(かきん)の側室として嫁ぐため、残された駱統は父の正室である義母や、未亡人の姉、主を失った食客を率い故郷に帰ることとなった。
母は涙を流して見送ったが、駱統は振り返ろうともしなかった。側の者が「母上はまだ見送ってますよ」と言うと、駱統は「母上の悲しい思いを募らせないように振り返らないんだ」と答えた。
当時は飢饉により多くの人々が餓死していた。駱統はそれに心を痛め、食が進まなくなった。
義母や姉は駱統の優しさに感動し、人々に食料を分け与え、以来、駱統の名は知れ渡った。

20歳のとき、孫権に仕えた。孫権は手腕を見るため地方の郡を任せたが、期待に応えて多大な功を挙げたため、すぐに中央に呼び、さらに従弟の娘を嫁がせ一族として招き入れた。
駱統は数十の上奏を行い、いずれも高く評価された。特に疫病が流行したおり、民衆の疲弊を憂えた上奏は孫権を感嘆させた。

軍事においても重用され、凌統が亡くなるとその軍勢を任された。
222年、劉備が関羽の仇討ちのため攻め寄せると、陸遜とともに迎え撃ち大勝した。
その直後、曹丕が三方から大軍で呉を攻めさせた。濡須には曹仁が迫ったが、駱統は朱桓(しゅかん)、厳圭(げんけい)とともによく防ぎ、敵将の常雕(じょうちょう)を討ち取り撃退した。
その後、濡須の督として最前線を任されたが、228年、36歳の若さで没した。

これほどの重要人物だが呉を冷遇する「演義」では名前が二ヶ所にぽつんと書かれているだけである。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R