忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・陸遜  紅顔の美少年?

    

陸遜(りくそん)字は伯言(はくげん)
揚州呉郡呉の人(183~245)

呉の将。
陸氏は呉郡の四姓と呼ばれる名家の一つで、陸遜はその傍流の子孫。
父を早くに失い、本家筋の陸康(りくこう)を頼った。
だが陸康は揚州に移ってきた袁術(えんじゅつ)と対立し、配下にいた孫策に城を囲まれた。
陸康は幼い末子の陸績(りくせき)をはじめ一族を陸遜に預け、呉郡に避難させた。陸康は城を落とされたうえ2年後に病没し、自然と陸遜は年長者として一族を率いた。

21歳の時、孫策亡き跡を継いだ孫権に仕えた。陸績は幼くして陸氏の代表として軍議に列し、陸遜は山越討伐で名を上げた。
不服従勢力の首謀者を降し、多くの兵と民を手に入れる陸遜を高く評価し、孫権は年下の彼に敬語で話し、亡き孫策の娘をめあわせ一族として迎え入れた。

219年、呂蒙は関羽の守る荊州を奪うため孫権と密議を重ねていたが、陸遜が同じ考えを持っていることを知り、自分の後任として推薦した。
病を理由に呂蒙は前線を退き、後任の陸遜は関羽に必要以上にへりくだった挨拶の手紙を送り油断させた。
魏との戦いのため北上していた関羽は、呂蒙が去り後任も敵ではないと判断すると、後方の兵を前線に引き上げ、荊州の防備を薄くした。
呂蒙と陸遜は電撃的に荊州に侵攻し、瞬く間に関羽を孤立させた。退路を断たれた関羽は敗死し、間もなく呂蒙が病没すると陸遜はその跡を継いだ。

222年、蜀を興し自ら皇帝となった劉備は関羽の仇討ちのため呉へ侵攻した。
陸遜は迎撃の総指揮を任されたが、経験の浅く年若い彼を侮り、諸将は服従しなかった。
しかし陸遜はあわてず騒がず、孫権に判断を仰ぐこともなく持久戦を選択し、劉備軍の陣営が延びきり、疲弊したところで火攻めによる奇襲をかけ、散々に打ち破った。
諸将は陸遜の采配に感服し、孫権は諸将との確執を隠したまま大勝したことを褒め称えたという。

徐盛(じょせい)、潘璋(はんしょう)らは勢いをかってこのまま蜀に攻め入ろうと主張したが、陸遜は魏の曹丕が兵を進めていると聞くと、それは蜀ではなく呉を攻めるための兵だと読み、全軍を撤退させた。
はたして魏は三路から呉へ攻め寄せたが、陸遜の備えは万全で各地で撃破された。

劉備が死去すると蜀との国交を回復させ、以降は魏への対策に専念した。
孫権の陸遜への信頼はますます厚くなり、蜀の全権を担う諸葛亮との交渉は全て陸遜を通して行い、彼に印璽を預けて、外交文書を勝手に添削して良いとする権限まで与えた。

228年、周魴(しゅうほう)を魏に偽装投降させ、曹休(そうきゅう)の軍を誘い込んだ。
曹休は罠だと気づいたが、10万の大軍を率いていたため勝てると踏み、そのまま兵を進めた。
しかし陸遜は三方から挟撃させ、曹休の放つ伏兵も見破り莫大な戦果を挙げた。
凱旋した陸遜を孫権は皇帝と同じ待遇で労をねぎらい、宴会ではともに舞い踊り、着ていた毛皮の衣や玉帯を脱いで与えたと伝わる。

229年、孫権が皇帝に即位し都を建業に戻すと、それまで都だった武昌に太子の孫登(そんとう)をはじめ皇子を置き、陸遜を招き彼らの教育係を務めさせるとともに、荊州・揚州三郡の統治と軍事・政治の全権を委ねた。
陸遜は孫権の期待に応え、皇子や公子といえども落ち度があれば厳しく叱責した。

234年、孫権は自ら合肥を攻め、陸遜と諸葛瑾(しょかつきん)には襄陽を攻撃させた。
ところが腹心の韓扁(かんへん)が魏軍の捕虜となってしまい、諸葛瑾は機密が筒抜けになったと恐れた。
しかし陸遜は常と変わらず泰然自若としており、冷静に戦況を分析し撤退を指示した。
撤退中、陸遜は狩猟と偽り兵を動かすと奇襲を仕掛けた。石陽では油断をつかれた敵将は混乱のあまり多くの民を殺害し、軍兵も多大な被害を被った。陸遜は略奪を禁止し、捕虜も厚遇し帰宅も自由としたため、魏の官民の多くが呉へ寝返ったという。
江夏にはさらに工作を仕掛け、太守の逯式(ろくしき)が文休(ぶんきゅう)と不仲なのを利用し、逯式が呉と内通しているという偽情報を流し免職に追い込んだが、裴松之はこれらを「無辜の民を死に追いやった」「必要のない離間工作」と激しく非難し「孫の代で陸遜の血が途絶えたのも悪行の報いとしては当然」と断じている。

その後も反乱鎮圧や統治で多大な功績を挙げたが、孫権が佞臣の呂壱(りょいつ)を重用し国政に大混乱を招いた際、丞相の顧雍(こよう)まで無実の罪で陥れられると、陸遜は潘濬(はんしゅん)とともに前線から都に戻り、呂壱の排除に動いた。
孫権は呂壱を処刑させ群臣に陳謝したが、意見を求められると彼らは孫権への信頼を失っていたため、誰もが黙して語らなかった。
陸遜らも武官であるから政治には関わらないと言葉を濁し、孫権は内心で彼らに怒りを覚えた。

244年、顧雍が没すると陸遜は丞相の座を継いだが、その頃には孫権の後継者争い(二宮の変)が繰り広げられており、それに積極的に介入していた全琮(ぜんそう)を批判し、さらに太子の孫和(そんか)の肩を持ったことにより、庶子の孫覇(そんは)を担ぐ全家と対立した。
孫権の娘婿にあたり絶大な権力を持つ全家は、孫和と陸遜を激しく讒言し、顧譚(こたん)や吾粲(ごさん)ら孫和派の重臣を次々と死に追いやり、ついに陸遜も讒言を信じた孫権に問責の使者を送られるに及んだ。
屈辱の中、やがて病を得て陸遜は没した。享年63。
また「ちくま版三国志」の誤訳により長らく陸遜は流刑となり、罪人のまま没したとする説が広く信じられてきたが、正確に訳せば陸遜は問責されただけで罪には問われていない。

だが孫権の疑念は事実で、死後に陸遜の子の陸抗(りくこう)に20ヶ条にわたる質問を叩きつけた。
陸抗はその全てに明快に答えたため孫権は自分の誤解を悟り、後年には陸抗に陳謝したうえ、送った問責の書状は全て焼き捨てるよう嘆願したという。
陸抗は父にも劣らぬ軍才で呉を長く支えたが、彼も没するともはや呉を守る者はなく、280年に晋によって滅ぼされ、陸家は晋の内乱に巻き込まれ、嫡流が断絶した。

「正史」において君主以外の人物で一巻に単独で伝を立てられたのは諸葛亮と陸遜の二人だけである。
陳寿は「広く天下に英雄と知られた劉備を、壮年に達したばかりの無名の陸遜は打ち破った。その計略はもちろん、彼の才能を見抜いた孫権にも感嘆する。陸遜は忠誠を尽くし国を憂いてかえって身を滅ぼしたが、まさに社稷の臣(国家を支える逸材)と言える」と絶賛している。

「演義」では長身かつ美男子と描写され、史実と同様に活躍。だが夷陵の戦いがデビュー戦ではなく、赤壁の戦いや合肥の戦いにチョイ役として顔を出している。また二宮の変はカットされたため孫権との確執は描かれないが、いつの間にか死んでいた。
「横山三国志」では濡須口の戦いに唐突に登場。美男子どころか目力のない韓遂(かんすい)か曹洪(そうこう)のような冴えない風貌のおっさんに描かれ、後年の「真・三國無双」にむしろ演義に忠実な美少年として現れた陸遜にオールドファンは大きな違和感を覚えたものである。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R