忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・陳武  モンゴリアンチョップ

  

陳武(ちんぶ)字は子烈(しれつ)
廬江郡松滋の人(?~215)

呉の将。
18歳にして七尺七寸(177センチ)の長身で、孫策に仕えた。
勇猛なだけではなく温厚で気前が良く、同郷の者はもちろん遠方からの避難民までもが陳武を慕い身を寄せたといい、劉勲(りゅうくん)の討伐後にその降伏兵の指揮を任されると、彼らは陳武によく従い精鋭とうたわれた。

だが215年、合肥の戦いで戦死した。
孫権は陳武の自宅をたびたび訪ねるほど寵愛しており、その霊がさみしくないようにと、陳武の愛妾に殉死を命じたという。
他人の妻に死を強制した行いに批判は集まったが、孫権の陳武への思いが感じられる。

その後、庶子の陳表(ちんひょう)が孫権の長男・孫登(そんとう)の側近となり「四友」に数えられた。
父譲りの温厚で人に慕われ将来を大いに嘱望されたが、孫登に先立ち没してしまった。

「演義」では黄色い顔に赤い瞳と異人のように描写される。
張英(ちょうえい)を討ち取るなど活躍したが、217年の濡須口の戦いで龐徳と一騎打ちし、枝に服が引っ掛かる不運により首を獲られている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R