忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・留賛  オールハンデッドガンパレード



留賛(りゅうさん)字は正明(せいめい)
揚州会稽郡長山の人(183~255)

~経歴~
イロモノぞろいの呉軍の中でもひときわ異彩を放つ猛将である。

若い頃に郡の役人となり、黄巾賊の頭領・呉桓(ごかん)を討ち取ったが、負傷して足が縮まったまま伸びなくなってしまった。
やむなく若隠居して家で読書の日々を送っていると、先人たちの活躍に刺激された留賛は復帰を志し、足の筋を切ってむりやり伸ばそうと決意する。
家族は反対したが、強引に切断すると、激痛のあまり失神してしまった。家族がその間ずっと足を引き伸ばしていると、願いが天に通じ、足を引きずれば歩けるように回復した。

復帰を聞いた凌統は、さっそく孫権に推薦した。すぐに召し上げられた留賛は、戦いの際には髪を振り乱して叫び、家臣とともに軍歌をがなりながら突撃するという特異な戦法でいくつもの軍功を立てたが、直言をはばからなかったため(ただでさえ呉には張昭(ちょうしょう)、虞翻(ぐほん)ら直言居士が多い)孫権に煙たがられたという。

252年、魏の諸葛誕(しょかつたん)、胡遵(こじゅん)らが大軍で攻め寄せると、諸葛恪(しょかつかく)、丁奉(ていほう)とともに迎え撃ち、丁奉がわずかな兵で先制攻撃を仕掛け機先を制すると、その勢いをかって大勝し、留賛は左将軍に任じられた。

255年、魏で毌丘倹(かんきゅうけん)、文欽(ぶんきん)が大規模な反乱を起こすと、留賛は孫峻(そんしゅん)に節(総司令官の代理として任じられたことを示す証)を授けられ出陣したが、急病に倒れた。
孫峻は撤退を命じたが、すかさず諸葛誕に追撃されたとき、留賛は重病のため歌うことはおろか、陣立ての指示すら与えられない状態だった。
死を覚悟した留賛は、側近の一人に印綬を与え代理の将軍に任じると、刀を抜いて「逃げなければ殺す」と脅し、強引に撤退させ、自分は残り戦死を遂げた。73歳であった。

諸葛亮の死後という創作で不遇にされがちな時代でなければ、もっと注目を集めていただろう、強く印象に残る猛将である。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R