忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―呉・朱績  賊国の名臣

朱績(しゅせき)字は公緒(こうしょ)
荊州宜都郡西陵の人(??~270)

呉の臣。朱然(しゅぜん)の次男。
後に施績(しせき)に改姓し、ともに著名。

若い頃から蒋済(しょうせい)・胡質(こしつ)と並び称されたというが、二人とは年齢が離れており、同姓同名の別人の可能性も高い。
231年、叔父の朱才(しゅさい)が没するとその軍勢を受け継ぎ、潘濬(はんしゅん)のもとで異民族の討伐に当たった。

剛直な性格で、孫覇(そんは)は彼と親しくなるため役所を訪ね、同席しようとしたが、恐れ多いと固辞した。
逆効果だったのか、二宮の変の際に朱績は孫和(そんか)陣営で名が挙げられている。
249年には父も没したため後を継いだ。

250年、魏は二宮の変の混乱に乗じて三方から呉へ攻め入った。
王昶(おうちょう)率いる本隊は朱績の守る江陵を攻め、策に次々と掛かって朱績は連敗し多くの将を討ち取られたが、陸凱(りくがい)の援軍が駆けつけるまで辛うじて城を守り抜いた。
撤退する魏軍に追撃を掛けようと考え、諸葛融(しょかつゆう)に共闘を持ちかけたが、約束を破り諸葛融は現れなかったため、王昶を逃してしまった。
諸葛融は兄の諸葛恪(しょかつかく)の威光で免官されず、元から仲の良くなかった朱績と諸葛兄弟はますます険悪となった。

義祖父の朱治(しゅち)の喪が明けたため、元の姓に復したいと願い出たが孫権は許さず、孫権没後の五鳳年間(254~255)にようやく施績に改姓した。

252年、孫権の死に乗じて再び魏軍は三方から呉へ攻め寄せた。朱績はまたも王昶と相対したが、丁奉の奇襲攻撃で東興方面の魏軍が敗走したため早々に撤退した。
同年、戦勝に気を良くした諸葛恪は合肥新城を包囲した。朱績も従軍を命じられたが、諸葛恪は行軍を止め、諸葛融に朱績の任務を代行させた。
包囲戦は失敗に終わり翌253年、諸葛恪は丁奉らに誅殺され、朱績は諸葛融を攻めて自害に追い込み、溜飲を下げた。

257年、驃騎将軍に昇進した。呉の実権を握った孫綝(そんちん)は諸葛恪をも上回る暴虐ぶりで、魏がそれに乗じて攻め入ることを恐れ、施績は密かに蜀に手を回し援軍を出させた。
263年、蜀が魏へ攻められると施績は援軍を送ろうと画策したが、間に合わず蜀は滅亡した。

270年に病没し、陸抗(りくこう)が任地を受け継いだ。
魏の上奏では晩年の施績は「賊国の名臣」と呼ばれ、孫皓(そんこう)の独裁に対抗するため猜疑心が深まり、勝手に推量していたため疎んじられていた、と記されている。
陳寿は呂拠(りょきょ)・朱異(しゅい)ら名将の子らとともに、よく父祖の仕事を受け継いだと讃えた。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R