忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・朱治  呉の基盤を築いた宿将



朱治(しゅち)字は君理(くんり)
丹陽郡故鄣県の人(156~224)

~経歴~
孫堅の代から仕える呉の宿将。朱然(しゅぜん)の養父。
孫堅のもとで数々の軍功を立てる。孫堅が戦死すると孫策をつれ袁術(えんじゅつ)に身を寄せた。だが袁術の能力を見限り、孫策に江東を占拠するよう進言した。
江東は劉繇(りゅうよう)が領しており、その膝元で暮らしていた孫策の母と弟たちを朱治は救出し、無事に逃がした。さらに呉郡の太守・許貢(きょこう のちに彼の食客が孫策を殺した)を破り、呉郡を治めた。
孫策が死ぬと朱治は重臣中の重臣として扱われ、彼への贈り物は他の諸将と比べて厚く、また出仕するときには孫権自ら出迎えもした。
朱治もまた長く仕える孫家への忠誠は厚く、まるで自分の一族のように感じており、粗暴なふるまいの目立つ孫翊(そんよく)をさとしたり、娘が曹操の子に嫁いでいたことから立場を危ぶみ、子供を人質に出そうとした孫賁(そんふん)を説得し考えを改めさせた。
山越や黄巾賊の討伐で功を立てつづけ、年老い故郷が恋しくなると、中央から退き故郷の丹陽に駐屯し、山越と戦った。69歳で大往生した。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R