忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・張昭  呉の最長老



張昭(ちょうしょう)字は子布(しふ)
徐州彭城の人(156~236)

~経歴~
呉最大の重臣にして長老。
若い頃から学識と知謀を知られた。「演義」では人格者として知られる陶謙(とうけん)に官途に就くよう勧められたが断ると、逆ギレした陶謙に投獄され、「演義」では印象の悪い王朗(おうろう)の弁護で救われた。これだから「正史」は面白い。
結局官途に就いたが、董卓の専横に嫌気が差し都を去る。孫策に招かれて政治全般を任せられるようになった。
孫策と呉夫人(孫策・孫権らの母)が相次いで亡くなると後事を託される。孫権とは絶対的な信頼を受ける一方で折り合いが悪く、しばしば対立した。そのたびに張昭は「私はあなたの兄と母にあなたを任されたのです」と言い返したため、孫権は閉口した。

曹操が南へ勢力を伸ばすと、現実的な張昭は降伏を勧めたが、孫権は周瑜の意見をいれ、赤壁で曹操を撃破。それ以来、張昭への姿勢を強める。孫権が呉王になると周囲の者は張昭を丞相(政治の最高権力者)に推したが、孫権は孫邵(そんしょう)を丞相に据え、孫邵が死ぬと、次もやはり顧雍(こよう)を丞相にしてしまった。
孫権の張昭いびりは止まらない。皇帝になると昔をなつかしみ「こうして帝位に就けたのも周瑜のおかげだ」としみじみ言った。張昭がうなずいていると孫権は「赤壁の戦いの時、あなたの意見通り曹操に降伏していたら、皇帝どころか今ごろ乞食だったな」と皮肉ってみせた。
怒りと恥で張昭は官位と領地を返還し隠居してしまい、あわてて孫権は張昭を将軍に任じた。


~逸話~
どちらも並はずれて頑固な孫権と張昭との逸話は数多い。
公孫淵(こうそんえん)が魏から呉へ寝返ろうとしたときのこと。孫権は大喜びで公孫淵に使者を送り王位を与えようとしたが、張昭は「すこし形勢が変わればすぐに魏へ戻る。ぬか喜びしても恥をかくだけだ」と諫めた。
孫権はかまわず使者を送り、激怒した張昭は仮病で家にこもってしまった。孫権は「それなら出てこられないようにしてやる」と張昭の家の門を土で塞いだ。張昭も負けずに「こっちこそ出てやるものか」と家の中から門を土で塞いだ。
やがて張昭の言ったとおり使者は公孫淵に殺され、呉への降伏話は無くなった。孫権は自分の非を認め謝罪に訪れたが、あいかわらず張昭は出てこない。再び頭に血の上った孫権は「出てきたくないなら出てきざるをえないようにしてやる」と張昭の家に火を放った。それでも張昭は出てこず、家が焼け落ちそうになったので孫権はあわてて火を消したが、まだまだ張昭は出てこない。
見かねた息子たちにむりやり連れ出され、ようやく張昭は孫権に面会し、謝罪を受け入れたという。

~逸話2~
孫権が狩りをしていたときのこと。突然、虎に襲われて馬の鞍を噛まれてしまった。
それを見た張昭は「君主は家臣を使いこなすものであり、野原で獣と武勇を競うものではない」と叱りつけた。
それ以来、孫権は装甲車に乗って、車に空けた穴から矢を撃って狩りをしたという。
「これなら安全で文句ないだろ」という孫権の子供じみた意地が垣間見える。


この2人、親子ほども年が離れなにかにつけて対立していたが、心の底では非常に気が合っていたのだろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R