忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・張布  地位を得た腰巾着



張布(ちょうふ)字は不明
呉の人(??~264)

呉の将。
孫権の六男である孫休(そんきゅう)は不遇をかこち、任地で太守に邪険に扱われたため、配置換えを申し出た。
そうして会稽に移り住み、太守の濮陽興(ぼくようこう)や張布は彼を厚遇し三人は親密な仲となった。

258年、呉の実権を握る孫綝(そんちん)は、暗殺を企んだ皇帝の孫亮(そんりょう)を配し、新たに孫休を第三代皇帝に据えた。
張布の身分は長水校尉に過ぎなかったが、孫休の腹心のため将軍位を得て、侯にも封じられた。
ある時、孫綝は孫休に酒を献上しようとしたが固辞された。孫綝は酒を手に張布を訪ねると、酔いに任せて孫休の廃位を考えていると口走った。
張布はすぐさまこれを孫休に密告し、孫休は孫綝一族を厚遇し、懐柔しつつ隙をうかがった。
そして同年12月、孫綝が再び廃位を企んでいると知ると、孫休は張布と謀議し、勇猛な丁奉(ていほう)を味方に引き込み、孫綝を捕らえさせ処刑し、実権を奪い返した。

孫休はしばらくは画期的な政策を打ち出すなど熱心に活動していたものの262年、濮陽興を丞相に据え、張布とともに国政を任せると、自身は趣味の学問に没頭し始めた。
権力を得た張布は増長し礼を失した振る舞いが目立った。ある時、孫休がかつての学問の師である盛沖(せいちゅう)らを登用しようとすると、彼らの口から孫休に自分の過失が知られてしまうと危ぶみ、張布は登用を取りやめるよう願い出た。
孫休はもとより張布の過失を知っていたが、再三にわたり要請され、政治をないがしろにし学問に没頭しているという批判ももっともだと考え直し、盛沖らの登用を取りやめた。

264年、孫休が没した。臨終の間際に幼い長男を後継者に指名していたが、同盟国の蜀が魏に滅ぼされ、交州が離反して間もない情勢に幼君を立てることを危ぶみ、張布らは協議の末、万彧(ばんいく)の推薦する勇猛な孫皓(そんこう)を第四代皇帝に立てた。
だが孫皓は即位するや酒色にふけり、自分たちも冷遇され始めたため張布はすぐに後悔し、廃位を考え出した。
万彧はそれを察すると孫皓に讒言し、張布と濮陽興は同年のうちに流刑となった。
そして移送中に二人とも殺害され、一族も連座で処刑された。

孫皓は張布を特に憎んでおり、後に何定(かてい)を殺した時、悪事が張布に似ているという理由で名を何布(かふ)と改めさせた上で殺した。
一方で張布の娘は美人だったため後宮に入れていたが、ある時「父はどこにいるのだ」と孫皓がからかうと「悪人に殺されました」と皮肉を返したため、殺してしまった。
しかし美貌を思い出して後悔し、すでに他家に嫁いでいたその姉妹を強引に奪うと寵愛した。
彼女もまた没すると、孫皓は悲しみのあまり半年も後宮に引きこもった。やがて孫皓が死んだという噂が立ち、それを信じた者が反乱を起こすまでに至ったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R