忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―呉・張奕  楼玄が殺せない

張奕(ちょうえき)字は不明
出身地不明(??~??)

呉の臣。

楼玄(ろうげん)は讒言と孫皓の勘気を蒙ったことにより交州へ配流された。
交趾郡の将の張奕の配下に付けられ、武功を立てるよう命じられた。
一方で張奕には楼玄の殺害が命じられていたが、立派な彼の言動を見るにつけ実行できず、先に張奕が病没してしまった。
遺品の中から自分の殺害命令を見つけた楼玄は驚き、張奕の心中を慮り自害した。

「江表伝」には次の異説が記される。
孫皓は張奕に命じて楼玄へ毒薬を届けさせようとしたが、立派な彼を慕い張奕は何も言えなかった。楼玄は心中を察すると自ら催促し、毒をあおいだ。

裴松之は「楼玄は命を惜しんで態度を変えはしない」と珍しく江表伝が道理に合うと裁定を下している。(『楼玄伝』)

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R