忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・岑昏  呉を傾けた奸臣



岑昏(しんこん)字は不明
出身地不明(??~280)

呉の臣。皇帝・孫晧(そんこう)に寵愛され、民に過酷な土木作業を命じたりと残虐行為に加担したとされる。
280年、晋の大軍が呉の都に迫ると、諸将は士気を上げるため岑昏の処刑を上奏し、孫晧が止める間もなく強引に殺してしまった。
だが結局、孫晧も降伏し呉は滅亡した。

「演義」では蜀を滅亡に導いた黄皓(こうこう)になぞらえてか宦官にされ、呉の滅亡後に民衆によってなぶり殺され、死肉を食われた。なぜ食う。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R