忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―呉・孫奐  兄と同じく早逝

孫奐(そんかん)字は季明(きめい)
揚州呉郡富春の人(195~234)

呉の臣。
孫静(そんせい)の四男。

219年、兄三人がいずれも早逝したため家督を継いだ。
兄から受け継いだ配下を適材適所に配置し、手際よく職務を遂行した。
また次兄の孫瑜(そんゆ)と同じく学問を愛好し、部下にも奨励したため、後に朝廷に仕えるようになった者も多く輩出した。

226年、魏の石陽を攻め、鮮于丹(せんうたん)を背後に回らせると手勢とともに突撃して城を落とし、3人の敵将を捕らえた。
孫権はそれまで機転の利かない性格の孫奐を愚鈍と勘違いしていたが、堂々たる統率ぶりに感嘆したという。

やはり兄達のように長寿には恵まれず、234年に40歳の若さで没した。
長男の孫承(そんしょう)も早逝し、後を継いだ庶子の孫壱(そんいつ)は高位に上るも、孫綝(そんちん)に睨まれた末に魏へと亡命している。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R