忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―呉・孫壱  魏に亡命した呉の宗室

孫壱(そんいつ)字は不明
出身地不明(??~259)

呉の臣。
孫奐(そんかん)の子。
234年に父が、243年に兄も没したため庶子ながら家督を継いだ。

254年、鎮南将軍として夏口を守り、諸葛恪(しょかつかく)が誅殺されると弟の諸葛融(しょかつゆう)を攻めて自害に追い込み、その功で仮節を授かった。

256年、専権を振るう孫綝(そんちん)に逆らい重臣の滕胤(とういん)と呂拠(りょきょ)が殺され、それに加担したとして孫壱の弟の孫封(そんほう)が自害させられた。
また妹二人が滕胤と呂拠に嫁いでおり、孫壱も関与を疑われた。

翌257年、魏に反乱した諸葛誕に孫綝は援軍を送り、それに乗じて朱異(しゅい)に孫壱を攻撃させようとした。
孫壱はそれを察知し、手勢1千と滕胤の未亡人である妹を連れて魏へ亡命した。

魏は呉の宗室の亡命を大歓迎し、車騎将軍として迎え入れ列侯し、廃立された曹芳(そうほう)の側室の邢氏(けいし)を与えた。
だが嫉妬深い邢氏はしばしば乱暴を働いたため家臣に恨まれ、2年後に女中に殺され、孫壱も巻き込まれあっけなく命を落とした。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R