忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・媯覧  凶悪犯



媯覧(きらん)字は不明
出身地不明(??~204?)

呉の将。読みは「ぎらん」とも。
盛憲(せいけん)によって推挙されたが、盛憲が孫権に殺されたため戴員(たいいん)とともに逃亡した。しかし孫堅の三男・孫翊(そんよく)に招かれ、そろって家臣となった。
重用されたが、孫翊は武勇を鼻にかけて横暴で、酔うと暴力をふるう癖があり、媯覧らに恨まれた。
さらに媯覧、戴員、辺洪(へんこう)の三人の仲を裂こうとしたため、204年、ついに媯覧らは孫翊を暗殺した。媯覧と戴員は実行犯の辺洪に責任を負わせ誅殺したが、二人が首謀者であることは誰の目にも明らかだった。
後に孫河(そんか)が二人を叱責すると彼をも殺し、魏の劉馥(りゅうふく)へ内応しようとした。
しかしその前に孫翊の未亡人の徐(じょ)氏と、旧臣の傅嬰(ふえい)、孫高(そんこう)、徐元(じょげん)によって媯覧と戴員は殺された。

「演義」でもほぼ同様の顛末が描かれるが、辺洪と孫河が登場しないため媯覧らの凶悪さは薄れており、また仇討ちメンバーの中で徐元だけが省かれているのが気の毒である。

まったくの余談だが絵師は媯覧だけ描いて、孫翊も傅嬰も描いていないので拙著「アイコン三国志」に出しようがなくて困っている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R