忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・周処  無頼漢、改心す



周処(しゅうしょ)字は子隠(しいん)
義興郡陽羨県の人(236~297)

~経歴~
呉、次いで晋に仕えた将軍。魏の曹休(そうきゅう)を偽装投降で騙し大敗させた周魴(しゅうほう)の子。

周魴の晩年の子だったため、幼くして父を亡くした。そのせいか若い頃は無頼漢でしばしば乱暴狼藉を働き、郷里の人々に恐れられた。
あるとき、周処は長老に「今年は平和で豊作だったのになぜ村人は喜んでいないのか」と尋ねた。
すると長老は「南山の虎、長橋の蛟、そしてお前の三害が無くならない限り、喜ぶことはない」と答えた。
周処はそれを聞くと、三日三晩の格闘の末、川に流されながらも虎と蛟を殺した。村人たちは周処も死んだと思い、三害が一度に除かれたと喜んだ。
無事に帰った周処はどれだけ自分が憎まれていたか悟り、ようやく改心した。
ちなみにこの逸話は京劇で「周処除三害」としてよく採り上げられているという。

周処は高名な陸雲(りくうん)のもとを訪ね、教えを乞うた。「行いを改めたいが、私はもう歳を取りすぎて手遅れですか」と尋ねると、陸雲は「古人は『朝に道を聞けば、夕べに死んだとしてもよい』と言いました。あなたには一日どころかまだまだ前途がある」と励まし、学問を教えた。
一年も経つと周処の名は州にまで届き、重く取り立てられた。

だが280年、呉は晋によって滅ぼされた。
呉討伐の立役者の一人である王渾(おうこん)は、呉の旧臣を招くと宴会を開き「祖国が滅びて悔しくはないか」と嫌味を言った。すると周処は「あなたがかつて仕えていた魏は晋によって、呉よりも先に滅びました。祖国の滅亡に悔しい思いをしたのは一人だけではありません」と答え、かえって王渾をやり込めた。

周処は晋でも頭角を現し、太守を歴任して多くの業績を上げた。
楚の統治を任され、赴任する前に都の重職に取り立てられたが、「古人は大を辞して小を辞さず」と言い、先に楚で治績をあげてから、改めて都に上がった。人々は周処の責任感ある行いを称賛した。
だが周処は皇族相手でも誰はばかることなく不正を弾劾したため、多くの恨みを買った。

296年、氐族(ていぞく)の斉万年(さいばんねん)が反乱を起こすと、周処は夏侯駿(かこうしゅん)の副将として討伐を命じられた。夏侯駿はかつて周処が弾劾した人物であり、親しい人々はこれは罠だから、老母の世話を口実に辞退するよう勧めたが、周処は「忠と孝の両方を全うすることはできない。今こそ私の死に時なのだ」と断り、出陣した。
はたして周処はわずか5千の兵で、7万の敵と戦うこととなった。斉万年は「周処が大将なら勝ち目はないが、副将であれば生け捕るまでだ」と喜んだが、周処は奮戦の末に1万もの敵を討ち取ったうえで戦死を遂げた。斉万年の乱は翌年に鎮圧されたが、このときに被った大打撃が敗因であろう。

周処の死は多くの心ある人々に惜しまれ、317年、東晋の時代になると、「孝」の諡を授けられた。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R