忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―呉・呂壱  そんなことより今日はいい天気です



呂壱(りょいつ)字は不明
出身地不明(??~238?)

呉の臣。孫権に寵愛され、それをかさに着て横暴に振る舞い、法をある時は厳格に適用し、またある時は拡大解釈し、些細な罪を咎めては多くの重臣を獄につないだ。私怨による讒訴も多く含まれ、権威を利用し私腹も肥やしたため周囲からは大いに恨まれた。
孫権は信頼する長子・孫登(そんとう)の諫言も聞かず、ついに丞相の顧雍(こよう)まで陥れられると、前線にいた陸遜、潘濬(はんしゅん)は事態を看過できず、都に戻り対応策を練った。

彼らは処罰を覚悟で呂壱を殺そうとしたが、それを察した呂壱は仮病で出仕しなくなった。やがて歩隲(ほしつ)、李衡(りこう)ら重臣の諫言がようやく孫権に届き、誤りを認めると呂壱は捕縛された。
恨み骨髄に達していた重臣らは私刑や拷問を望んだが、陥れられた当事者の顧雍が自ら公正に裁き、処刑を命じた。

孫権は深く反省し重臣らに謝罪すると意見を求めたが、一連の事件で孫権への信頼を失った彼らは沈黙を通した。
事態を収拾した陸遜、潘濬らも政治には関わらないと答えを避け、不満を抱いた孫権は逆に彼らを責めるなど君臣の間に大きな溝が生じた。

その後、次期皇帝になるはずだった孫登の死、陸遜との確執、後継者争いから巻き起こった二宮の変と続き、呉の国力は大きく傾き滅亡への遠因となった。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R