忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――呉・諸葛瑾  孔明のお兄ちゃん



諸葛瑾(しょかつきん)字は子瑜(しゆ)
琅邪郡陽県(174~241)

~経歴~
呉の軍師。諸葛孔明の実兄。
戦火を逃れ、呉に住んでいたところを見いだされ、孫権に仕えるようになる。
孫権は彼を高く評価し、魯粛と同列の扱いをした。
諸葛瑾は温厚で、よく気がつく人物であり、短気な孫権を直接的にいさめることはなく、遠回しに自ら非を悟らせた。
孔明の兄ということで「蜀と通じている」と陰口を叩く者も多かったが、孫権の信頼は厚く、全く疑うことはせずに、その面長な容姿を「ロバだロバだ」とからかうほどの親しさであった。
諸葛瑾も公私の別をわきまえ、弟と公の場で会っても言葉を交わさなかったという。
しかし兄弟仲はよく、子に恵まれなかった孔明に次男を養子として送っている。(この養子は早逝した)

呂蒙の死後は蜀へ備える最高司令官に任じられ、陸遜とともに呉を支えた。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R