忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――呉・于詮  不死身の男

  

于詮(うせん)字は不明
出身地不明(?~?)

~経歴~
呉の将。伝も立てられず「正史」にも数行しか登場しないが、義に殉じた武人として知られる。特に柴田錬三郎の「英雄生きるべきか死すべきか」での最期が印象深い。

魏に反旗を翻した諸葛誕の救援に赴くが、敗勢を悟った味方は于詮を残して退却してしまう。
魏の司馬昭(しばしょう)は降伏を呼びかけるが、于詮は兜を地面に叩きつけ「主君の命を受けて救援に来たというに降伏などできるか」と突撃し、壮絶な戦死を遂げた。
倒れては立ち上がり斬られては立ち上がるその死に様を、後世の人は「呉に英雄は多けれども、于詮のあえて身を殺す生き様に及ぶ者があろうか」とたたえた。

なお呉将なのに青いのは依頼人の大きな勘違いによる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R