忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・公孫康  遼東の二代目


 
公孫康(こうそんこう)字は不明
幽州遼東郡襄平県の人(??~??)

遼東で独自の勢力を築いた公孫氏の頭領。
204年、父の公孫度(こうそんど)が没すると跡を継ぎ、朝鮮や倭国にまで勢力を広げた。

207年、曹操に敗れた袁煕(えんき)・袁尚(えんしょう)兄弟と烏桓の単于(王)楼班(ろうはん)らが庇護を求めてくると、曹操の侵攻を恐れて三人を処刑し、首を曹操のもとへ送った。

没年は不明だが曹丕が皇帝の代に官位を追贈されており、その頃に亡くなったと思われる。

跡を継いだ公孫淵(こうそんえん)は、後見人である叔父の公孫恭(こうそんきょう)を幽閉すると燕(えん)を建国し独立を宣言したが、司馬懿によって討たれた。
公孫恭を除く一族は皆殺しとなり、都から遠く離れた遼東での反乱を危惧した司馬懿はさらに男子数千人を殺したという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R