忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――その他・劉璋  益州を無難に統治

  

劉璋(りゅうしょう)字は季玉(きぎょく)
荊州江夏郡竟陵の人(162?~219?)

後漢の益州牧。
父の劉焉(りゅうえん)は独立を図り、州牧の地位を復活させ、益州牧として赴任すると半ば独立国を築いた。
朝廷は都に出仕していた末子の劉璋を派遣し暴走を止めようとしたが、劉焉は息子を返さず命令を無視した。

二人の兄と父が相次いで没すると、末子の劉璋が跡を継いだ。
重臣の趙韙(ちょうい)らは劉璋は暗愚だから傀儡にできると踏んで擁立したが、意に反して思い通りにならず、ついに謀叛を起こしたが、返り討ちにあって殺された。

曹操が荊州を制圧すると、使者を送り恭順を示したが、重臣で野心家の張松(ちょうしょう)、他州から流れてきて冷遇されていた法正(ほうせい)、孟達(もうたつ)らは劉璋を追いやり劉備を迎え入れる計画を立てた。
曹操や漢中の張魯(ちょうろ)への対抗策として劉備軍を迎えるよう進言すると、劉璋は同族の彼を信頼し歓迎した。
だが張松の兄である張粛(ちょうしゅく)が弟の内通を密告すると、劉璋は張松を処刑させ、劉備は素早く挙兵し要害を奪った。
鄭度(ていど)は田畑を焼き払い劉備軍を兵糧攻めする焦土作戦を献策したが劉璋は認めず、劉備の軍師を務めた龐統が戦死したものの、百戦錬磨の劉備軍は快進撃で成都に迫り、降伏勧告を下された。
重臣も民も徹底抗戦を主張したが、劉璋はこれ以上民を苦しめたくないとして開城降伏した。

劉璋は次男の劉闡(りゅうせん)とともに荊州の公安に移住したが219年、孫権が関羽を奇襲攻撃により討ち取った際に公安も占拠されたため軍門に下った。
孫権から益州牧に任じられるも間もなく病没した。
次男の劉闡が跡を継ぎ、後に交州刺史も兼任した。なお長男の劉循(りゅうじゅん)は劉備の下に残っており、そのまま仕え続けている。
陳寿は「劉璋は英雄としての才に乏しく、土地や官位を奪われたのは不幸とは言えない」と一蹴した。

「演義」でもほぼ同様の事績が描かれるが、関羽死後に孫権に降ったことには言及されない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R