忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国志列伝――その他・劉璋  リリパット

  

劉璋(りゅうしょう)字は季玉(きぎょく)
荊州江夏郡竟陵の人(162?~219?)

~経歴~
劉備が入る前の蜀を治めていた領主。
優柔不断で他人の言に左右されがちだが、いたって凡庸な君主。
曹操が蜀に攻め入る気配を見せると、劉備と通じる野心家の張松(ちょうしょう)や法正(ほうせい)にそそのかされ、曹操対策のため劉備を迎え入れる。
しかし劉備に次々と城を陥とされ、配下も離れ実権を奪われていってしまう。
最後は徹底抗戦・都を焼き払っての焦土作戦を提案する部下を「これ以上民を苦しめられない」とおさえ、劉備に降った。
決して暗愚ではなく、領土拡大の野心を持たない人物で、劉備の入蜀前も善政を布いていたという。
降った後は荊州に移され、関羽の死後は呉で地位を与えられ一生を終えた。
ちなみにその際、息子たちは蜀・呉に分かれて仕えるようになったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R