忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・馬騰  孟起よあれが義の星だ



馬騰(ばとう)字は寿成(じゅせい)
扶風郡茂陵の人(?~212)

~経歴~
父は漢の名将・馬援(ばえん)の末裔、母は羌族の娘という血縁。
若いころは家業がなかったため貧しく、伐採した木を街で売り歩き生計を立てていた。
長身で雄々しい面構えで、温厚な性格だったため誰からも尊敬された。

涼州刺史の耿鄙(こうひ)が悪政をしいたため韓遂(かんすい)らが反乱を起こした。義勇軍に応じた馬騰はすぐに取り立てられ、反乱制圧でおおいに名を上げた。
やがて耿鄙が部下に殺されると、韓遂に合流し西方を荒らしまわった。しかし皇甫嵩(こうほすう)に敗れ盟主の王国(おうこく)が死ぬと仲間割れし、同盟軍は解散した。
董卓、そして李傕(りかく)らが都を牛耳ると再び韓遂らとともに攻めあがる。だが李傕の軍は強く、馬騰らは撃退された。追撃を受けたが韓遂が敵将の樊稠(はんちゅう)と同郷だったため見逃された。
韓遂とは義兄弟の契りを交わすほどの仲だったが、やがて反目しあうようになり、韓遂は馬騰の妻子を殺した。馬超が閻行(えんこう)と一騎打ちをしたのはこの頃である。
しかし曹操の命を受けた鍾繇(しょうよう)の取り成しで二人は和解し、馬騰は西方の安定に尽くした。
曹操との関係はつづき、袁譚(えんたん)らが河東に侵攻した際には鍾繇に協力しそれを撃退した。

その後、曹操は荊州遠征にあたって馬騰らの存在を危惧し、張既(ちょうき)を派遣し都に出仕するよう命じた。馬騰は渋ったが道中の兵糧は曹操が用意し、太守が出迎えに来たため、馬超に軍勢を任せ、一族を引きつれやむなく上京した。馬騰と息子たちは官位を与えられた。
だが馬超は韓遂らと反乱を起こしたため、都にいた馬騰の一族は連座して皆殺しにされた。

なお演義では曹操の非道を描くため、反乱に失敗した馬騰らが処刑され、復讐に燃える馬超が立つという逆の流れになっている。ちなみに決起した馬超が最初に戦った相手は鍾繇である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R