忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・陶謙  いいおじいさん?わるいおじいさん?



陶謙(とうけん)字は恭祖(きょうそ)
揚州丹陽郡余姚県の人(132~194)

~経歴~
後漢の群雄。
幼いころから学問を好み、順調に出世を重ね幽州、徐州の刺史を歴任した。
黄巾賊との戦いの実績を買われ、張温(ちょうおん)のもとで董卓、孫堅らとともに韓遂(かんすい)と戦ったとき、董卓が軍令違反をたびたび犯したので、孫堅は処罰を求めたが、董卓の力を恐れた張温は不問に付した。陶謙は張温の気弱さと指揮のまずさを激しく非難した。
董卓が政権を握ると、各地で反董卓の連合軍が挙兵したが、陶謙は沈黙を守り、董卓に貢物を贈ることまでしたため、官位を与えられた。その勢力は揚州にまで及び、皇帝を僭称した闕宣(けつせん)と組み略奪行為を働いた。
また張昭(ちょうしょう)や呂範(りょはん)を推挙しようとして断られると幽閉したり、韓遂討伐のときのいざこざからか、孫堅の子の孫策を迫害した。
だが董卓ののちに台頭した曹操の父・曹嵩(そうすう)を殺したため、曹操軍に攻められた。徐州は大虐殺にあい、数万人の死体で川の流れがせき止められるほどだった。
曹操軍は兵糧不足と、背後で呂布、陳宮(ちんきゅう)らが反乱したため引き上げたが、陶謙は病に倒れた。
陶謙は息子たちが不出来なことを察し、自分に身を寄せていた劉備に徐州を任せ、息を引き取った。

『演義』では曹操に無実の罪で攻められ(曹嵩は護衛につけた配下の反乱で殺されたことになっている)、劉備に徐州を譲ったやさしいおじいさんといった役割だが、このように剛直で野心の深い人物であった。
しかし、かつて幽閉されたはずの張昭が弔辞を読んでいたりと、史書には矛盾が多い。
どうやら悪評は虐殺を働いた曹操を正当化するために魏が、良評は曹操の悪行を非難するために呉がそれぞれ著したため、矛盾が生じたらしい。
陳登(ちんとう)と同じくなかなか謎の多い人物である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R